« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

RCZクリムゾンホーンレビュー1

遂に発売したぞ!、オルドヴァインッ!!(`д´)ノ。

Photo_4  箱、シュバ虎と同サイズなのね(・ω・`;、狙った?w。
イラストとデジラマの違いはあれど、今月だけで計4枚の自分のゾイド箱絵が並んだのも嬉しかったな・・・。

『ゾイド・リバースセンチュリー GRZ-011クリムゾンホーン』

Photo_5 Photo_6
まずは前後二枚。キットは派手に見えて落ち着きもある絶妙なクリムゾン色とメタリックブラウン、そして上品な白金色の成型色です。各部白ラインは新以降伝統のマスク塗装!。普通に組んだだけで満足出来る色になれるのもゾイドの魅力です(・∀・)。

クリホンの解説を始める前に、キットにはレッホのパーツが含まれてますので『レッドホーンカスタム』にセレクト可能。

Photo_7 接着いらずのポップアップキットであるゾイドですから、接着してなければ何時でもレッホに換装できます。勿論背中や頭部入れ替えもw。
しかしレッホはやっぱり格好いい・・・(*´ω`*)。

3 クリホンとレッホの横アングル比較です。
頭部、背部の新パーツでレッホより大きくなってるのが解ると思います。これに本来予定のあった新規尻尾ユニットに新側面装甲が追加されたら・・・もっとボリュームは出てましたね。まぁ諸般の事情ですが・・・しかしキットとしてのまとまりを見ると充分満足出来る製品に仕上がっていて、そこは流石プロ仕事です(`・ω・´)。

Photo_8 さて、改めてクリホン全身図、俯瞰です。
頭部、背部と目立つ部分が新規になった事で印象も随分違ってくると思います。

Photo_9 Photo_10Photo_20

鼻と額にかけてのラインと繋がるフリルのラインを面から切り出して境目を作ったのが個人的に気に入っていますスイマセン(・ω・`;。デザインより少々詰まった感じに初見では思えた立体でしたけど、そこが返ってゾイドっぽいと勝手に感動した所でもあります。実際良い頭部の立体になってます。

Photo_13 そして背部バトルユニット。

Photo_14 背部バトルユニットはクリホンの肝の一部ですけど、リデコ案を提出する際、レッホは以前から背中のパーツ自体を換装して、バリエーションを作っていける様な構造に思えてた事からその重装新ユニットとして考えてみました。勿論キットの都合を在り難く使わせてもらった部分でもあるのですが、気分として無理な改造では無く、他にも背部ユニットのバリエーションがあるんじゃあ?・・・と見える様な位置づけも含めて、敢えて派手さを抑えた形状にしたつもりです。

Photo_15 折り畳まれたサブアームの状態が解るアングル。この折り畳まれ方はシステマチックなディティールを感じます、タカトミスタッフに大感謝です・・・人(´д`;。

Photo_16 主砲AEZ72mm2連ビーム砲二基と側面のTEZ30mm2連ビーム対空砲二基はそれぞれ旋回、砲身が上下に動きます。

Photo_17 歩行と連動し、砲塔二基が旋回、砲身可動を互い違いに行います。

Photo_18実際に動くのを初めて目の当たりにしましたけど<マテ、もとのレッホの重量感溢れる踏み出し歩行にプラスされた砲塔連動は楽しいよ!!。

次のレビューではサブアームに関する遊び方を紹介します。
今日の終わりは同時期に出てたこの商品を絡めた画像でも(´∀`;。
Photo_19

|

RCZクリムゾンホーン来訪

Photo昨年の武装神姫ライトアーマー2弾に続き、自分がデザインをさせて頂いたゾイドRCZ(リバースセンチュリーゾイド)『クリムゾンホーン』!!。

まずは自腹分で買ってきたのが来訪しました(´∀`;。夕飯時のお近づきの印は肉じゃが持参だよ!!。

取り合えず画像は必要分撮ったけど、時間かかるレビューになりそうなんで、取り合えずアーム遊びが面白っ!!ってことで(・∀・)w。

Photo_2 絶賛発売中です、チェキー!!。

|

2009年1月25日 (日)

HMMセイバータイガーシュバルツ仕様出陣

ネットではもう購入した方々を拝見します、コトブキヤHMMシリーズ『セイバータイガー・シュバルツ仕様』。 今住んでる地元は模型店死滅してるしザらスもヤマダ電機も何故かHMMシリーズは入荷してくれないからまだ実際の商品箱見てないよっ!!(`д´)ノ。

今回も自分が箱絵を担当させて頂きましたが、今回の箱絵はちゃんとしたアニメ仕様として箱絵もその商品の意味をユーザーに伝えられる絵にしようと、腐心して出したアイデアが『式典での謁見』であったわけで。

Photo まだブキヤページでは出てないので少しだけ大きめな画像で(・ω・´。

兼ねてから、というよりも今でも自分がプラモを買う時に反応してしまうのが『キットを楽しんで組ませる為の想像力を高めてくれる箱絵』でして。

幼少時より慣れ親しんだ思い出に残るプラモはすべからく箱絵の印象と一緒に残ってるのです。イマイのサンダーバードシリーズ然り、ガンダムのMSV然り、ザブングル然りダンバイン然り、モスピーダ然り、0080、F91然り、MG、HGUC各種然り。

皆が俺が無印アニメでシュバルツ仕様のゾイドに燃えたのはカール・リヒテン・シュバルツというキャラもあってこその印象と思ってますので、絶対に箱絵に描くべきと出したラフが一発で通りこの絵となりました。そしてシュバルツと同時にルドルフ、プロイツェンを出す事で『ガイロス帝国』というビジュアルも強固にしたかったのもありました。だからこその凱旋門に国旗、近衛兵であり勝利の女神像であったり・・・と、商品のシュバルツセイバーをおざなりにするのでは無く、それが存在する為のキーを集めていくと、今回描いたディティールは不可欠だった・・・という事です。

単純にWWⅡの戦場写真で、ドイツのミヒャエル・ビットマン達の部隊が勲章を授与される画像とか!!。あれこそビットマンの戦車が欲しくなるキーを含めた写真じゃないですかっ!!(`д´)ノ。

店頭で見てくれて買って下さった皆様が、自分の思った部分に共感してくれてシュバルツセイバーを楽しんで組んで頂ければ幸いですm-m。

|

2009年1月23日 (金)

棺桶武装ラフ

全てのアイデアはささいなラフから始まる・・・と思いつつもやっぱり俺のラフはほんと汚い(´ω`;。作業がひと段落したんで寝る前のラフ描きは棺桶武装。

Photo 『シスター=棺桶』と聖職者と言いながら結局『死』を想起させる武装欲しがってどうするんだよ!!。

・・・・『続・荒野の用心棒』の棺桶ガトリング大好きですので(・ω・`;。

発売前はコンテナ式のガトリング台座に変形でいいかなと思ってたけど、今だとがぱっと割れてハンガー付きで背中に装備してダブルガトリング乱射でトリガーハッピー?。

Photo_2 で棺桶モードの時はやはり『続・荒野の用心棒』のジャンゴよろしくひきづってるんかも。泥沼の荒野を棺桶ひきづって布教に回るシスターってなんだよ!!。

とりあえずはこんな所から始まり。徐々に詰められればいいなぁ。

|

2009年1月17日 (土)

ビーグルモスピーダ・レビュー1

モスピーダという個人兵装であるコネクトスーツ「ライディングスーツ」。モスピーダと言うとバイクであり強化外骨格でもあるけど、どちらも中の人、つまりライディングスーツが無ければ成り立たない。可変の重要なピースでもあり、且モスピーダという『SF戦争物』というディティールを現す重要なガジェットでもあると個人的に思う(`・ω・´)。 パイロットスーツでもあり、歩兵用スーツでもある。そして個性的なフルフェイスシールドでありながらいっぱい並べば無個性にもなれるヘルメットデザインと、初視聴時の中2から俺の趣向に這いこんだその存在は大事なわけで、だからこそビーグルのモスピに期待してた部分でもあるんですが!!(勿論シムズ、メガ家とそれぞれの商品に見合ったスーツにも満足ですが)。Photo Photo_2

25年は無駄じゃなかった!!。
軟質スーツに可動フレームを包ませて尚、人間を感じるこのスタイリングに文句なんざありゃしません。見事すぎますorz。

Photo_3 中の人、スティック・バーナード少尉。マルススコードロン第21機甲戦闘中隊所属の主人公。顔は個人的には不満も無い仕上がりなんですが、まぁどこのブライトさんにも見えちゃうのは下睫毛が無いせいなのか(・ω・`。ちなみにロボテック版で販売される仕様だと顔がより濃くアニメフィギュア的に作られてます。

Photo_4 可動フレームを包む軟質素材のせいで、中の可動箇所が把握しにくい部分はどうしてもあるかも。ここは動くだろ?と慎重に探りつつも高額商品だけに無理な力加えて破損もさせたくないし・・・といった心理からちょっと可動箇所探しに戸惑った(^^;。ここは取説に中の可動フレームの可動ポイントを写真で載せてよかったとも思う。

Photo_5 しかし解れば何のことは無い、良く動くんだこれが!!。
感動するのは下腕部のアーマーの向き、人間の関節に即した方向に動かせられます。下腕部アーマーに軟質スーツが固定されてるんで皮一枚はさんでるのに可動の際のストレスが無いってのもさり気に凄いよ。

Photo_6 ここに限らず、軟質スーツと固定されてるアーマー類は動かしてもズレも無く、スーツの厚みにも負けない可動クリックを持ってるのでポーズ保持力は相当高いです。

Photo_7 最初に弄くって『出来るかなー?』と思ったホフク前進も余裕!!。
ポージングもこんな着込んでるスーツなのに無問題。『スターフロントガルフォース』のラビィのポーズも簡単w、ブレーダーも真っ青だ。

お尻に見える穴は、最初から空けられてる可動フレームとの干渉避けですので不良品じゃないよ(・∀・)。

Photo_8

Photo_9

モスピーダに登場する代表的なSF銃『レーザーハウンド』もちゃんと本体のみと集光シーケンサー&ストック装備済みの2種類付属。
『スペース1999』のスタンガンを彷彿させる無個性な直線構造が当時のアートミックの趣味性を伺わせます。人差し指はトリガーから外してるだけなのかと思いきや、銃の握りに指3本までしか掴めないのは圧力感知で発砲出来るのか?と前向きに考えておきます(´∀`;。個人的にはもうちょい厚みがあった方がイメージに近いとも思いますが、大好きなSF銃の一丁なのでこれの出来の良い立体が付属してくれただけでも満足。

Photo_10 スリング付きなんで肩にもかけられます。
アーマサイクル無しのスーツと付属武器だけでこんなに遊べてもうお腹いっぱいにもなっちゃうよ(^ω^;。本編ではこのスーツのインナーの色違いで様々な軍人達が身にまとってましたから、ビーグルさんはシリーズが上手く行ったらそのライディングスーツのみでバリエーションを出してくださいな(・∀・)。ジョナサン少佐は顔付きで欲しいぞ。

次はアーマサイクルにライディングッ!!(`д´)ノ。

|

2009年1月15日 (木)

トイフォーラム

Ca340023 毎年恒例の年初め有楽町で開催されるトイフォーラムに出動っ(`д´)ノ。

タカトミはレスキューフォースの次作のお披露目に今年6月公開のTF映画二弾に関しての商材展示が中心、非常に納得。で、TFもヘケヘケホットロッドに個人的期待が高まるのでガン観してきたけど、一番の目的はやっぱりゾイド。

今月末発売、拙作デザインの「クリムゾンホーン」ですが、ファイナルショットの展示があったよ!!。最初色があまりにパケに使った色とそっくりなんで塗装品かと思ったらバリもあったところで成型色のままと気付く始末。それほど色がぐーなお腹もぐーでした(^ω^;。しかも白ラインは塗装済みだ!!、シール曲面に張らなくてもいいんだよ、イインダヨ!!。

ディティールはパケに使った試作原型にこちらが直接モールドを描き込んで追加しておいたのが全部再現。立体的に内部構造の都合が出ない所に関してはえらいディティールによる精密感、情報量は出ております。自分が言うのもなんだけどマジカッコイイです(-ωー;。

Photo パッケサイズもかなりの大きさです、店頭では目立ってくれればいいなぁ。リバセンのパケCGはこちらがデザインに続きCGデジラマを作らせて頂きました。絵以外にも合成CGで細かい仕事をしてる自分ですが、もともと電ホに持ち込んだきっかけがその合成CGで仕事をしてみたいとの事だったので、デザイン以外でもこうしてデジラマとしてのパケ仕事が出来たのがラッキーですし、いい記念にもなりました。共和国ゾイドを蹂躙するクリホン活躍のデジラマが目印ですよ!!。

そして上半期の仕事関連の打ち合わせも2件はしごして調整。頑張るよマジ頑張るよ。

|

2009年1月13日 (火)

アイドルマスター・エターナルプリズム

仕事中に注文しておいたゾイドリバースセンチュリー新製品「ヴァルガ」にアイマスSPを舞台にしたドラマCD「アイドルマスター・Eternal Prism01」が到着したので、朝からヘビロテ。

俺の愛人、美希の移籍後の話だけにどう来月のゲームの補完になるかと思ったけどファンには充分に楽しめるで無問題。そして今回のドラマシリーズ大物ゲスト声優として久川綾が元大物アイドルの女優、神長瑠衣を演じてるんですが。

Photo_2 この想像は間違ってるだろうか(・ω・`。そしてヤキニクマンでの塩タンたんはケ●ちゃんと想像しとこう。

|

2009年1月12日 (月)

しすばり

箱絵に続きもう一丁仕事終わりっ!(`д´)ノ。

掃除終わって次のラフに行く前に落書きしようとSAI開いてフォルダ見てたら、忘れてた落書きがあったんでちょっと詰めてみたり

Photo 姉妹かバージョンアップか、とにかく白シスター=ウォリアーナン・アリエラは欲しい。多分十字剣持ってる。

|

2009年1月10日 (土)

一本いかせて

Photo_2 箱絵は終わったけどまだまだ作業。ナス子さん良く効くの一本お願いします(´ω`;。

こういう時にナス子さん描いてよかった作っていただけてよかったw。

そして箱絵フィニッシュと同時に誕生日。いつまでも永遠の・・・17よりは24、30がいいかな。

仕事終わらせたら上映中の『ヘルボーイ・ゴールデンアーミー』を早く観たいです。あとダークナイトもDVD買ってこんと。

|

2009年1月 8日 (木)

箱絵作業中

今月1月末には箱絵仕事をさせて頂いてます、コトブキヤのHMMゾイドシリーズのシュバルツセイバーが発売。そして今は次の箱絵仕事中。シュバルツ入れて8枚、今描いてるのがその9枚目にあたります・・・10枚目も何気に目前になりました(・ω・`。

ジェネレイションズ連載当時のメカ塗りから随分違えて描いてるのもボックスアートというステージならではですが、やはりHMMシリーズは『ゾイド』というキャラクターが持つミリタリーテイストをデザインに立体から強固に感じるだけに、自分も描く絵が自然と『そっち寄り』になっていきます。

Ac 特にセイバータイガーから『情景』をより感じられる絵と思いやってますが、このコマンドウルフACなんか、その中の最たる一枚と思ってます。しかし後ろからの狛犬はもう描きたくないよ・・・(’A`)、自分でベストと思ってラフきったんですけど。

とにかくキットを手に取るユーザーの皆様にそのゾイドの活躍を想像させる為のシチュエーション作りを最初に店頭で提示するのが箱絵の役目。

どんな活躍をそのゾイドがしているのか、どんな戦闘状況でどんなゾイドと戦ったり共闘してるのか、キットを組む為の妄想力を抱いて頂く為には色々仕込みを(半分趣味で)している中、ゾイド本体の『汚し』も情景を表現する重要なディティールにもなってます。

本体の塗りが終わった所でゾイドにハゲチョロ、油垂れ、雨だれ、土汚れと加えていくのはほんとのプラモデルへの汚し同様楽しかったりします(´∀`)・・・作ってるのは殆どその汚し直前で止まっちゃってますけど(汗。

Photo 実際のキットにも個人的にAFV的な汚しを加えたいもんですけど、実際は箱絵仕事でその欲求を適えちゃってるのがあるかも?。

今年もHMMシリーズは描いていきますので、宜しくお願いしますねm-m。

|

2009年1月 7日 (水)

忍者のお供に

Photo ロボダッチのガマロボ初版ゼンマイ版(+レーサーロボ)がヤフオクで競られた結果35万落札だったの知ってますか?、ウフフ・・・(’A`)。

でも今再販されればフブキさんのお供に丁度いいかもしれんませんな。アオシマはロボダッチはどこまで再販してくれるんかなぁ。

|

2009年1月 4日 (日)

アムドライバーを飾ろう!!

これもmixiでのネタでしたが、こちらにも転載。

神姫ベースの凄かったところは『空中ポージング』をデフォにした事とも思うのですが(ガンプラのアクションベース登場って何年前でしたっけか^^;)、で、神姫のお兄さんであるアムドライバーにも神姫ベースは使えるという応用例ってことで。

Photo_2 ボードの取っ手を外すと共通の3.3mm穴が出るのでそこに神姫ベースを刺して空中アクション。もともとアムドライバーはボードヒーローで劇中ではボード乗っかってのアクションが印象的だから神姫ベースはそんなアムドライメージをしっかり演出してくれますよな。

Photo_3 そして後半のバイザー大攻勢も含めて、それでもやっぱり一番好きな初期バイザー、ボードバイザーも神姫ベースでGet Ride!!。後部スタビライザーのスリットがあしらったかのように神姫ベース軸基部と幅が同じなのもコナミ商品ゆえなのか?。

個人的な趣向ですが、やはりこのボードバイザーが初期バイザーのフラッグシップ商品であり(アムジャケット+バイザーという展開の代表格としても)、後半ほとんど外骨格になったバイザーより遊び難さがあるのも解った上で、ジャケット素体とバイザーとのバランス比率が一番良いと思うだけに、こうして神姫ベースを使うことで当時の遊び難さもかなり軽減されると思います。

Photo_4 当然 装着状態でも使えます。元々のデザインが空中浮遊でこそ生える様に見受けられるだけに、神姫ベースのお陰でディスプレイもポージング遊びも難なくこなせるようになりました。

やっぱりアムドライバーはいいなぁ・・・。2004年一番ハマったアニメと連動した玩具だし、コナミさんと言う男子玩具三大メーカーに突如現れた第四のメーカーって感じの立ち位置と玩具のある意味懐かしさも感じられる素性の良さも(買った傍から加工しないと遊びにくかった関節もあったけど)含めて、いまだに印象深いです。ジャケットのデザインも好きだし、『強化服+ボードライディング』と言ったシンプルなキャラ立ちがなにより良かった!!。(今でも3話は作画、内容ともにアムドラを象徴する話でしょ)

だからか中盤以降のバイザー主導もカッコイイとは思うけど少々残念ではあったんですけどね(^ω^;。自分は素体中心だから。ボードはなくなっちゃったけど、素体として一番の理想系はゼアムジャケットだから、後半のあのパワーアップは嬉しかったです、商品も格好良かったしね!!(オクは相変わらず高い・・・)。

そのうち拙作のモトバイザーリペイントも再撮影して掲載します。

|

2009年1月 2日 (金)

神姫画像幾つか1

mixiからの未転載分のライト2弾勢の画像ですー。

Photo 発売日に家に届いた自腹注文分(献品分も頂いておりますが、殆ど懇意にしてくれてる師匠の先生達に差し上げました)で最初に撮った画像。ちょうどハロウィンだったので雑貨屋で買ってきた小物を使って軽くディスプレイ。

小物系は魔物(´ω`;。

Photo_3 グラビア風のカット画像。1人より2人、相手も居ればドラマも生まれます。武装のみじゃない、こういった絡み遊びも出来るのも神姫の良いところ。

A 夕飯の買い物帰りに同じデパート内の玩具売り場で見つけて衝動的にディスプレイしてみたシルバニアの家庭菜園。

シスターたる者自給自足、余った野菜は売って教会の購入資金に(´∀`;。

|

2009年1月 1日 (木)

神姫新年

Photo_2 改めて、あけましておめでとう御座いますー(・∀・)ノ。

電ホでのゾイド連載にトレフィグの繭の一族に関わったことでかねてよりやりたかったホビー方面の一般仕事も3年、昨年はゾイド本家と武装神姫に関われた事で、自分の一般仕事での大きな経験になりました。コトブキヤのHMM箱絵も08年中だけで5枚描きましたが、これも3年前には描けないと思ってたタッチでの方向に進む事も出来、大変勉強になっております。

他にもスパロボピンナップもありますし、別名義(もうひとりの僕)のキッズノベル挿絵に合成画像仕事と結果手広く色々関わらせて頂いてますが、全てためになっておりますよ。

メカ絵、キャラ絵とバランスよく今後も色んな仕事に関われればと思います。今年は更なるフィールドの拡大に、作業レスポンスの効率化&クオリティアップを目指したいです。その為のSAIでもあったりコミスタ導入でもありますしね(・ω・`;。

という訳でまだまだ絶賛発売中のライト2弾もお迎えよろしく!!<コラ。

さ、仕事仕事(-ωー;。

|

あけおめガンダム一挙放送

Photo

あけましておめでとう御座いますm-m。
今年も宜しくお願いします!!。


で、年明け早々TVはアニマックスで固定、ガンダムTV版43話一挙放送はじまったよー(´∀`)。
http://www.animax.co.jp/gundam/index.php


しかし一発目の富野監督の御言葉

『”僕はなんでこんな風になってしまったのか?”を再確認していただければと思います(大意)』

そうですね、こんな風になってしまいましたよええ(-ωー;。


それにしても1話、冒頭のザクからレイアウトに作画イイナぁ。シンプルな線なのにザクの巨大感が良く出てる。

そしてミニスカ姿でお隣に上がる込んでくるフラウはやっぱり性的。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »