« 忍者のお供に | トップページ | 一本いかせて »

2009年1月 8日 (木)

箱絵作業中

今月1月末には箱絵仕事をさせて頂いてます、コトブキヤのHMMゾイドシリーズのシュバルツセイバーが発売。そして今は次の箱絵仕事中。シュバルツ入れて8枚、今描いてるのがその9枚目にあたります・・・10枚目も何気に目前になりました(・ω・`。

ジェネレイションズ連載当時のメカ塗りから随分違えて描いてるのもボックスアートというステージならではですが、やはりHMMシリーズは『ゾイド』というキャラクターが持つミリタリーテイストをデザインに立体から強固に感じるだけに、自分も描く絵が自然と『そっち寄り』になっていきます。

Ac 特にセイバータイガーから『情景』をより感じられる絵と思いやってますが、このコマンドウルフACなんか、その中の最たる一枚と思ってます。しかし後ろからの狛犬はもう描きたくないよ・・・(’A`)、自分でベストと思ってラフきったんですけど。

とにかくキットを手に取るユーザーの皆様にそのゾイドの活躍を想像させる為のシチュエーション作りを最初に店頭で提示するのが箱絵の役目。

どんな活躍をそのゾイドがしているのか、どんな戦闘状況でどんなゾイドと戦ったり共闘してるのか、キットを組む為の妄想力を抱いて頂く為には色々仕込みを(半分趣味で)している中、ゾイド本体の『汚し』も情景を表現する重要なディティールにもなってます。

本体の塗りが終わった所でゾイドにハゲチョロ、油垂れ、雨だれ、土汚れと加えていくのはほんとのプラモデルへの汚し同様楽しかったりします(´∀`)・・・作ってるのは殆どその汚し直前で止まっちゃってますけど(汗。

Photo 実際のキットにも個人的にAFV的な汚しを加えたいもんですけど、実際は箱絵仕事でその欲求を適えちゃってるのがあるかも?。

今年もHMMシリーズは描いていきますので、宜しくお願いしますねm-m。

|

« 忍者のお供に | トップページ | 一本いかせて »

仕事」カテゴリの記事