« 棺桶武装ラフ | トップページ | RCZクリムゾンホーン来訪 »

2009年1月25日 (日)

HMMセイバータイガーシュバルツ仕様出陣

ネットではもう購入した方々を拝見します、コトブキヤHMMシリーズ『セイバータイガー・シュバルツ仕様』。 今住んでる地元は模型店死滅してるしザらスもヤマダ電機も何故かHMMシリーズは入荷してくれないからまだ実際の商品箱見てないよっ!!(`д´)ノ。

今回も自分が箱絵を担当させて頂きましたが、今回の箱絵はちゃんとしたアニメ仕様として箱絵もその商品の意味をユーザーに伝えられる絵にしようと、腐心して出したアイデアが『式典での謁見』であったわけで。

Photo まだブキヤページでは出てないので少しだけ大きめな画像で(・ω・´。

兼ねてから、というよりも今でも自分がプラモを買う時に反応してしまうのが『キットを楽しんで組ませる為の想像力を高めてくれる箱絵』でして。

幼少時より慣れ親しんだ思い出に残るプラモはすべからく箱絵の印象と一緒に残ってるのです。イマイのサンダーバードシリーズ然り、ガンダムのMSV然り、ザブングル然りダンバイン然り、モスピーダ然り、0080、F91然り、MG、HGUC各種然り。

皆が俺が無印アニメでシュバルツ仕様のゾイドに燃えたのはカール・リヒテン・シュバルツというキャラもあってこその印象と思ってますので、絶対に箱絵に描くべきと出したラフが一発で通りこの絵となりました。そしてシュバルツと同時にルドルフ、プロイツェンを出す事で『ガイロス帝国』というビジュアルも強固にしたかったのもありました。だからこその凱旋門に国旗、近衛兵であり勝利の女神像であったり・・・と、商品のシュバルツセイバーをおざなりにするのでは無く、それが存在する為のキーを集めていくと、今回描いたディティールは不可欠だった・・・という事です。

単純にWWⅡの戦場写真で、ドイツのミヒャエル・ビットマン達の部隊が勲章を授与される画像とか!!。あれこそビットマンの戦車が欲しくなるキーを含めた写真じゃないですかっ!!(`д´)ノ。

店頭で見てくれて買って下さった皆様が、自分の思った部分に共感してくれてシュバルツセイバーを楽しんで組んで頂ければ幸いですm-m。

|

« 棺桶武装ラフ | トップページ | RCZクリムゾンホーン来訪 »

ゾイド」カテゴリの記事