« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

HMMカノントータス箱絵

コトブキヤ公式更新だぞ!、オルドヴァインッ!!(`д´)ノ。

アーバインコマンドウルフ付属のアーバイン(通称ひろし)が塗装済みとはっ!?∑(゜д゜;。さすが完成品フィギュアメーカーでもあるだけはありますか。

Photo そしてアニメ10周年に挟まれるけど、HMMカノントータスも今月末に発売ですよ、箱絵でましたー。

大きいサイズで見れるのが毎度の事ながら絵師的には大変うれしい(つд⊂)・・・。

HMMカノントータスは、まるかたさんのデザインを見せて頂いた時、『うおっ、か、描きてー!!』とこちらにガン見させる程の戦車として付加された情報量にえらいビビッときて、その活躍するシチュエーションも即浮かんだだけに今回担当出来て嬉しかったですよ(´∀`)。
(その時浮かんだのは市街戦でしたがモルガで描く事に結果なりました)

そして亀=戦車、双方のイメージからゾイド世界で構成されるなら水辺の上陸作戦、親子亀だろ!!って事からWWⅡのノルマンディ上陸作戦風シチュエーションで描かせて頂きました。HMMシーパンが出るまで上陸シチュは取っておきたかった気も少々ありましたが、『亀が亀から降りてくる』って亀つながりでタートルシップが浮かんだのでそれなら使わないとね(^ω^;。共和国兵士が青過ぎた?とも思いましたが、公式FBのジオラマ兵士もこれくらい青なんでそれがゾイドです!、って事で。

前回描かせて頂いたシュバルツ仕様セイバータイガーの箱絵はネット各所でキットに付随する話題のひとつとして扱って頂けてえらい感謝しながら拝見してました。ゾイドは自分の関わってる商材で足を向けて絶対寝れない大事な物のひとつですが、キットの魅力のひとつとして話題にして貰えたのは絵師冥利に尽きますよ、本当に感謝m-m。

中身のカノントータスは、テストショットを組んだけどモルガ同様HMMの中ではシンプル構造なのでさくさく組めますよ。モルガ同様AFV的アプローチのウェザリングが大変似合いそうなHMMですよ!。

ミニスケールAFVから障害物とか適当なストラクチャーを持ってきて、発売したら一緒に飾ってね(・∀・)b。

|

2009年2月22日 (日)

教会

完全仕事モード中でも、1年に1回の確定申告も仕事に入るだけに重い腰あげてさっさと申告すませてきたら、税務署の目の前に素敵な教会を発見。

Photo_2  地元に戻り引っ越して3年目、3回申告に来てるのにすっかりその存在に気付かんかった俺はうっかりさんで済むのか・・・(・ω・`;。

地元最古の教会です。デジカメは家に忘れてたので今回はケータイで撮影、ちゃんと牧師様から許可を頂きました。

Photo_4 中にお邪魔させて頂いてみると、外観のレンガ積みがそのまま内側にも敷き詰められ古い木の梁のみで構築されてる簡素さが、歴史の古さを伝えてくれます。この時はお通夜をしてる方がいらしたので、内部撮影は後日出来るでしょうかと聞いてみたら、フランクそうな牧師様はあっさり『いいですよ』との事。

大昔に通った映画専門学校時代、学校の近所の教会で撮影許可を求めたら丁重にお断りされてたんですが、個人的撮影のみならいいんかな、牧師様の寛大な配慮に在り難く仕事済んだら内部の撮影をさせていただこうかと。

Photo_5 入り口にはしっかり大正時代に起工した事が記されております。生の資料と言うと信仰心も何もへったくれな言い方ですが、ちゃんと名刺持って粛々と撮影させて頂いたらお祈りはしてこようと思います。

|

2009年2月19日 (木)

まずはアイマスSPだ

Sp01 やってる場合じゃないんだけど、着ちまった以上は気になるのが性でして、ハピネットから『アイドルマスターSP・アンサンブルパック』到着ー!!。

ワングーでも限定あったけど、うちは昨年のL4U流れでハピネットで注文してた。内容はオリジナボックスと特典用クリアファイルとか。
http://www.happinetonline.com/gms/07/4582224496891.html


Sp02 しかしこの封印シールはアレだろう(´∀`;。こっちの逸る気持ちが解ってるつーか、小鳥さんそんな焦りたくもなりますよじらさないでくださいああ優しくったって俺だって男ですから乱暴にもなっちゃいますよまずはその生足包むニーソから剥がさせていただくかな!!ごむたいなお慈悲に後生ーってこんなシールだけでまぁ色々気持ちも和ませてもらったかな!!、健全な妄想もいたがきましたしっ!!。

Sp03 ボックス底には765、961両プロダクション社長のお言葉。

・・・・961社長の声は子安声再生余裕でした。よし!、ばっちこいっ(`д´)ノ。

寝る前にも丸二年ぶりに引っ張り出したPSPも充電終わってるしな、まぁ取り合えず飯食べてからちこっとやろう(・ω・´。

|

2009年2月18日 (水)

花粉対策の季節です。

日がな一日犬の散歩と夕飯の買い物以外部屋で仕事してる毎日でも、この季節になると風邪でもないのに鼻水に目がしょぼしょぼ痒くなってきます(’A`)。

花粉シーズン到来。まだ今年はそんな酷くは感じないけど、酷い時は夜寝れないくらい鼻水と目の痒みがあったりしますね・・・。ここ数年は鼻炎の薬と鼻の通りを良くする効能があると言われる甜茶飲用ですが、外に出る時はフマキラーの『鼻でガード』も併用したりも。

Photo ナス子さん綿棒の取り扱いはお手柔らかに(’A`)。花粉症の方々はこの季節お互い乗り切りましょー。

痛風はもう慣れたけど、花粉症はね、薬と体調管理で発作も二年起きてない痛風と違って症状の緩和くらいだしね・・・鼻が擦り切れない様ティッシュも保湿ティッシュ買ってこなきゃ。

|

2009年2月17日 (火)

棺桶と言えば

霊柩車ですが、馬車仕立ての霊柩車でもいいよね!?(・ω・`;。

Photo

『棺桶ガトリング=続・荒野の用心棒』なんだから、『霊柩馬車=ジャンゴ・灼熱の戦場(正統な続編)』だし。

見ての通りの大ラフですけど、構成する馬と台車は変形するんだろうなぁ、大きさ的にも。

話ついでに、『続・荒野の用心棒』の正統な続編である『ジャンゴ・灼熱の戦場』。続~はマカロニと言うビジュアル優先なスタイルを強固に確立した、正にマカロニならではの名作ですが(棺桶、墓場、ぬかるみの町、赤い頭巾集団、という非常にビジュアル的秀逸なワード満載)、監督は1作目のコルブッチと違えど、続~と同じくビジュアルに腐心してるのが、棺桶ガトリングを積んで敵を倒す為に奔走するジャンゴが乗り込む霊柩馬車や、運河を往来する敵海賊の軍艦、奴隷達が働かされる採掘場から散見でき、中々侮れません・・・と、画面観てると西部劇ってよりただのアクション物に見えたりもしますが、特に最後のあたりは(・ω・`;。

そしてDVD特典の幻とされた別オープニングは、かつて94年以降のプチマカロニ復活ブームを牽引したキングレコードの『究極のマカロニウェスタン大全集』で存在を知っただけにファンには嬉しい配慮であります(`・ω・´)。

Vlcsnap425347 マカロニは吹き替え!と幼少時の印象が今でも変わらない俺ですが、めっきり地上波で吹き替えのマカロニ作品が放映されるのも少なくなりました・・・ってか午後ロー(午後のロードショー)くらいじゃね?。CSでは作品はお目にかかれるけど、吹き替えは少ないんだよね。

そのうち暇をみて好きなマカロニ作品のレビューもしてみたいと思います。ついてきてくれる人居ないだろーけど(・∀・;<マテ。

|

2009年2月13日 (金)

バレンタイン型?2

また仕事作業の息抜きにちょっと線を整理しようとやってたらまとまるまで止まらんかったんで、バレンタイン型神姫その2-(汗。

 

Photo_2 『ビター・マイン』の相方バレンタイン型『スウィート・マイン』。この前のから線を整理してこれがある程度の基本ラインかな(・ω・`;。だもんでビター・マインもまた直すって事で。髪型とか全然アイデア無かったし。

当初の妄想通り顔と色のみ違うリデコな相方。ビターと反するスウィートなんで見た目ままの甘さ方向はお嬢様って直球でドリルとデコ出し髪形を。上半身フリルから露出した胸部と腹部の肌色を腰で区切って太ももまで同色でスパッツぽく健康的な可愛さが出ればいいなーと。

その際手首、太ももから下がまんま肌素体になるけど、生足裸足がデフォってのもありだよね、裸足ミクロマンも被る世代としては(・ω・`;。それにライト妄想だし。

背中のリボンスラスターは構造も纏まってきたんだけど、メインのチョコレート武装がまだ体裁を整えたのみ。この辺も描きながら纏まるでしょう(´ω`;。チョコ武装の接続は新拡張クランクのヒンジのがいいよね、うん。

|

2009年2月12日 (木)

ケロプラからガンプラに

近所の幼稚園年長の男の子がケロプラからガンプラに興味対象がクラスアップ(拡がったとも言える)してた(´∀`)。

前々からケロロにはまってると犬の散歩の時会う彼のお母さんからお話を聞いてて、実際話すとケロロロボMK2シリーズは全部買って自分で組んだと言うし、武者ケロロもクルル藪医がお気に入りと俺と一緒で妙な親近感も湧いてた中、今日の散歩で会ったらとうとうガンプラに手を出したらしい。

お母さんはガンプラは高いんで万代書店で安いのを幾つか買い与えたそうだが、それでも買ってるのがFGの量産型ザク、シャアザク、アッガイ(これは旧かHGUCかは不明)との事で、ケロロにガンプラもあれだけネタとして出てくれば、興味対象が拡がってもおかしくはないか、と思いつつ、完成品に行かずにプラモデルに行ってるのが(比較的安いのもあるだろうけど)、どうも『手を動かして組む作る』事に興味が行ってるのが感じ取れて、大変微笑ましいよ!!。

で、件のFG量ザクを見せてもらったら、驚いたのが黒の名前ペンでアイシールド、胸、肘、ヒザ、ランドセル、指先とちゃんとグレー部分を意識して塗り分けてたのに恐れ入った(・ω・`;。

股関節が壊れてたのでちょっと預かって直したけど、ついでにこっちの方がFGより作り易かろうとストックしてた300円の1/144アストレイブルーフレームをあげてみた。春から小学校だけど、対象年齢ではちょっとまだ早かったんかな。

でも直した量ザク、シールドが最初から無かったので外したまま遊んでたんかなと思ってたら、本人は『壊されてるから盾は付いてないんだよ』と言い放ってかなりショーック!?∑(゜д゜;。ちゃんと設定があって遊んでるよ、すげえよっ!!。

FG量ザクも、『リアルに動くよねー』と楽しんでたので、アストレイだと壊れ難いけど動きが満足いかんかも。この辺今度会ったらちゃんと聞いてリサーチしておこう(-ωー;。

お母さんが教職なのでか、ちゃんと子供に考えさせる行動をさせてるから、プラモ作りからも学べる事あると好意的。
他の近所の子も男の子は数人いるけど、興味はゲームの方にやはり行ってるみたいだけに、図らずも裾野の生のお客様から話聞けるのは楽しいね。


しかしプラモって敷居上がったんですな・・・改めて再確認しつつも、俺は今のお客様とこれから興味をもってくれる未来のお客様のために、格好よい箱絵描いていこ(´ω`;。

|

2009年2月10日 (火)

バレンタイン型?

バレンタインデーは今週末ですが、仕事作業の息抜きと言う名の現実と(ryでただの思いつきをざくっと描いてみたり。

Photo_2 バレンタイン型ってなんだよ(・ω・`;、デカイチョコをぱきっと割ったぎざぎざとハートをデザイン意匠にしたら面白いかなーって思いつきのみで。チョコ型武装を割ると2対の手持ち武装になって(接続はLA2弾と同じ汎用グリップ+シス子さんハンガーで)、背中のリボン型のスラスターユニットを合体させて敵神姫にぶつけるもとい手渡すのが必殺技なんでしょう(´ω`;。チョコ武装は更に分割線から小分けで分離して小型機雷として餌撒きするとか、ばら撒く都度にチョコ形状が無くなる使い捨て武装。

こちらはビターなんで相方はきっとスウィート、違いは色と頭部のみのリデコキャラだったりすると色々と優しい<何が?。でもそれなら双方の色をもっと違えないとビターは黒系に振った方がいいか(´ω`;、肌もグラ姉さんについで褐色や小麦色にしてもいいんかな。お互いのチョコ武装を合体させてハーフ&ハーフ武装組み換えとか、ふたりはっ!!。

チョコに付属する安いおまけライトアーマー神姫が最初に浮かんだんだけど、この段階ではあまり安そうも無いような。型的に期間限定神姫でシス子さんの妹分?。チョコあげるのも食べるのも好きだけどナス子さんはうるさく歯磨きしろと言ってくるんでちょっと苦手・・・って思いつきで書いてたらこれロリ素体想定で描いてみればよかったか、いや安いんで旧素体でOKだろ(-ωー;・・・とか、取り合えずこれで暫く寝かそう。

|

2009年2月 9日 (月)

ゾイドエンサイクロペディア

『アイドルマスター・エターナルプリズム02』と纏めて注文した『ゾイドエンサイクロペディア』到着ー。

Photo 公式ファンブック4冊と並べると、このB5と言うサイズだったのも納得。本棚のFBと並べてくれという事だと思う(・ω・`。

http://books.shopro.co.jp/booksvisual/movie_comic/zoids2.php

内容は無印、/0、フュザ、ジェネと4作品各話数のあらすじ、キャラクター、登場ゾイド紹介がメイン。それと無印時のコロコロ編集長とタカトミの田島氏、アニメスタッフ、声優対談での苦労話が面白い。当初はバンがコマ犬に乗る筈だったのが土壇場でシールドに変更したとか/0が脚本家の策略wで無印とリンクしていった事とか、フィーネ役の大本さんの『独り言をつぶやくような演技』を狙った事とか、これらの対談だけで結構満足。

仕事資料的には最低限のキャラ設定は押えてあるから持ってて損は無いけど、やはり線画資料ページはもっと欲しかった(・ω・`;。こういう機会だからこそ見れる資料があると思ったので正直残念。あと、フューザーズのアメリカ展開とか、ジェネシススタッフの対談とか4作品均等に知りたかったのが心情(’A`)。無印、/0がどうしても大きく比重が高くなるのは分かるけど、それなら分冊で・・・でもこうなったってのはこうなった経緯もあるんだろうしでニントモ。

やはり、再鑑賞をして頂く為の喚起&解説本という体裁だと思うので、付録DVDのブレードライガーバトル集の格好よさは観てると本編で再確認したくなってくるから、在り難くレンタル屋に走るのが懸命(・ω・´。

・・・・主だったネットレンタルではゾイド無印に/0検索してもねーよっ!!(`д´)ノ。

残念(´・ω・`)。
当時の記憶を大事にして、その補完本として仕事で活用させて頂きます。

Photo_2
フィーネのデザインはシンプルだけどキャラ立ったデザインが秀逸ですな、と描いて再確認。

|

2009年2月 7日 (土)

RCZクリムゾンホーン小改造

作業の合間にちまちま簡単仕上げする為のゲート処理を進めてるクリホン。ついでに気になった部分を小改造してみました。

Photo なんとなく、後頭部の部分の納まりが落ち着いたと思えないかな(・ω・`。

Photo_2 クリホンのみにする際余るレッホのキャノピーフードC19をクリホン後頭部に付けてみました。サイズがピッタリで、デザイン的にもフリルに隠れた後頭部としてのラインが自然に繋がった様に思えます。

Photo_4

キャノンアームの円状ディティールにジョイント軸も追加してみました。3mmプラ棒だと微妙に緩いので神姫の拡張クランクの軸(3.3mm)を使用。

Photo_5 エクスグランチュラのガトリングもダブルで装着!。敵から鹵獲した武器も使いますよクリホンさんは。アーム使用時にパージしてくれればそれも良し、レッホ用で余ってる武装パーツもこれで装備するポイントが増えました。

背中にT字型ジョイントがあれば・・・もう少しハードポイントを増やしたいですね(’A`)。

|

2009年2月 3日 (火)

4個・・・このいやしんぼめっ!!

たった今、タカトミ様からクリムゾンホーンのこちらへのサンプル分到着。

SAGAWAのトラックからデカイダンボールが出た時はマジビビりましたっ!!(゜ω゜;。

Photo 燦然と輝く『4個入』表記・・・っ!!。

量販店じゃこんなダンボールがどどっとくるのか。俺が昔バイトしてた地元某玩具屋じゃ三星からまとめてだったな。年末シーズンとか余程凄い売れ行きのあるのはカートンで確かに来てたけど・・・無印ワタルの大ブーム時代とは言えキングヘラクレスの2カートン(1カートン48個入だった記憶が)売り尽くすのは大変でした(’A`)。

Photo_2 外にしっかり線引いて『2個』に直してあったから当然2個。しかしこんなデカイ商品で2個頂けるとは思ってなかったんで(ましてや問屋にある商品は殆ど店頭に向かうから会社に来るのは後回し)、立石の方に向かって深々と感謝m-m。

Photo_3 ついでと言っちゃうとナス子さんシス子さんに怒られちゃいますが、こちらはナスシスのダンボール。都合2回に分けて送って頂いた際、コナミ様のご好意でこのダンボールにしてくれたのも嬉しかったり。ちょっと折られてるのはまぁご勘弁を。

玩具屋バイトしてたせいなのか、玩具、プラモの商品名表記されたダンボールって妙な興奮と高揚感を覚えます、俺だけ(^ω^;?。

|

2009年2月 1日 (日)

喜多くん・・・(つд`)

http://blog.oricon.co.jp/kita/archive/128/0


以前mixi日記のネタにもさせて頂いた第一回アニソングランプリ優勝者の喜多修平くん。

ゾイド再アニメ化の際は彼こそ新世紀のサマーボーイ代表として
主題歌を唄って欲しい(つд⊂)。


俺が言うのも変だけど、シュバ虎&プテラスお買い上げあざーっすっ!!。

|

RCZクリムゾンホーンレビュー2

Photo クリムゾンホーンレビュー2回目、連動砲塔に次ぐ肝であるリニアキャノンアームに関してです。

Photo_2 パーツ数も絞られ、少ないパーツで構成されてます。が、一軸の勘合のみの合わせでもかなりの保持力もあるのでこれが結構遊べます(^ω^。

Photo_3 今夜のおかずはどれにしようかねぇ?

Photo_4 ケンカはだめですよケンカは

Photo_5 聞き分けの無い子は投げちゃいます。

リバセン本編でも群がる共和国ゾイドをさくさく放り投げてましたね(´∀`;。戦場では作業用としても使えるでしょうし、こうした近接戦闘で群がってくる小型ゾイドをいなす為の装備としても使えると想定してましたんで、リバセンでの描写は大変感謝しております(つд⊂)。

箱裏にも載ったアイデアスケッチでのホーン攻撃一例!!。

Photo_6 Photo_7 Photo_8 

ドスゴクラスまでの小型ゾイドなら取り押さえて貫けるかな(・ω・`;。

Photo_9 『・・・・・』
なにやらアーム仲間みたいですけど、そっとしておきましょう。

Photo_10

お手持ちのゾイドや色々な玩具を掴ませてみてくださいね(・∀・)。

そしてリバセンでコンビを組んで頂いたジークドーベルさんとパチリ。

Photo_11 サイズがもうちょっと小さければジャスト・・・とも思うけど、無人化されたジークドーベルを随伴させてたってビジュアルは想定外だったのでこちらは驚きもありまた楽しめました(´∀`)。

Photo_12 時間軸とか抜きに随伴させたら似合いそうな連中を従えてデジラマに使えそうなアングルで。模型裏でゲルターとマーダーをクリホンカラーで塗って随伴機仕様にしてた人がいましたが、あの人はクリホンの正規カラーに驚いたろうなぁ・・・(・ω・`;。

Photo_13 フィギュアセットの兵士を置いて接写しますとより大きさを感じられるのが楽しいです。ゾイドに兵士の存在は不可欠です!!。

Photo_14 製品ままのファーストレビューはこのへんで。角を尖らせたり、各部にディティールを追加したりと個人的に簡単に弄くってみたくなってるので、それは仕事合間にちょこちょこ仕込んでいき、また紹介します。

とにかく武装神姫LA2弾と共に今までのホビー関連でお世話になったゾイドの本ラインで関われたこのクリホンと、昨年の仕込が出揃いました。タカトミとコナミには大きな感謝ですm-m。そしてクリムゾンホーン、興味ある方は是非手にとってみてくださいませ(・ω・)ノ。


Photo_15 『ねえねえ、この棺桶もらっていいかなー?』
シス子さんこらこら。

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »