« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

シャイニングブレイド組み換え例・2

絶賛発売中の『シャイニングブレイド』、インペリアルナイツを使った組み換えでちょっと思いついたので、その2ですー。

Photo バルフレアの下半身を鳥脚なクリーチャーっぽいのに組んでみました。他SBの下腕、太ももパーツを使い延長、エクスの腰アーマーをアンクルガードにしてシルエットを強化してあります。

関節球の接続方向とサイズが決まってるだけに、脚の付き方として下腕を使わざるを得なかったんですが、接続の不安定ささえ抜かせば異形感は出たかなぁと。

Photo_4  イメージ的にはレイ・ハリー・ハウゼンの『シンドバット7回目の航海』に出てきたサイクロプス。SB2弾のクレイヴ・ディガーのハンマーを持たせるとよりイメージが近づきそうです(´∀`;。バルフレアは「豪将」ってイメージもあるから、戦闘的で獣ライクな下半身もマッチしたと思います。

Photo_3 ライジングフォースは弓矢武器=狩人なイメージのせいか頭部が鳥っぽさを感じますので、大胆に腕を丸ごとエクス翼と交換、鳥人型騎神にしてみたり。エクス脚アーマーも腰に接続して鳥っぽい意匠に味付けしました。

Photo_9 SBでの騎神は神々が騎乗した兵器との事ですし、森、狩りの豊穣の神様だとこんな鳥人型もアリでしょうし、ワタルのクラマも好きだったので個人的にOK(w。

Photo_6

Photo_8  武器はその銀翼の羽が剣そのもの、鳥が舞う演舞のような優雅さで敵を斬り裂いていくんでしょう。エクス翼は肩アーマーを被せても可動には余り支障が無いので結構自由度が確保できてました。

Photo_10 実は最初はハーピー型を作ってたんですけどね(^ω^;。どこかしら神らしい部分も残したかったので人型意匠が無さ過ぎるのも異形過ぎかなって事で分離してまとめました。

ここ最近のウチのブログでの検索ワードは『シャイニングブレイド』関連が多いです。うちのレビューが少しはお役に立てれば幸いです。

あと関節球の緩みは瞬着で軸太らせる処理だと、余計にテンションをかける結果になるかもしれません。木工ボンドがいいかも。関節に関しては今後改善を期待したいですね。

|

2009年4月28日 (火)

シャイニングブレイド組み換え例

尼ではBOX,網ではエクス金が売り切れみたいですね。店頭では出てても通販ではまだ届いてない方も多そうです(・ω・`;。

CG担当ですが、関わった上に玩具者である以上気になった所は伝えたい訳で。今回はエクスミリオン通常版カラーと同色であるインペリアルナイツを使った組み換え例をレビューしてみます(`・ω・´)。

Photo エクスミリオン通常版はインペリアルナイツと同じ系等色でまとめられており、過去の関係を示唆してるようです。金銀ともにとにかく造形がシャープなんで刺さる刺さる。ツインソードもかなり尖ってますんでお気をつけて。

Photo_3 こうして並べるとやはり翼とシルエットを派手にするアーマーパーツで豪華に見えますね。頭部も馴染み易い人型の顔をしてますんでプレーンな格好よさがあると思います。

Photo_2 手元に届きすぐ遊びたい気持ちも分かりますが、ちょっと落ち着いてまずは各関節にパーツをバラす事をお勧めします。材質のPVCと関節のABSが軽い癒着を起こしてますのでバラす事で遊ぶ際の関節にかかるストレスを軽減する為です。パーツ繋げたまま関節の向きをどうにかしようとするとかなーり関節パーツに負荷かかりますんで、リング部分が割れる恐れもありますんで。

遊ぶ際もリボルテック同様関節球を一旦引き出してポーズ付けたい角度に直すのが安全と思います。

さあ、ぐりぐりバラして各パーツの接続も一旦クリーンにした所でチェンジマ(ry!!・・・アッセンb(ry!!・・・コンb(ry!!・・・なんて呼び声にすればいいんだ(^ω^;。とにかくブラインドガーディアンを例に組み換えしてみます。

Photo_4 Photo_5

まずはエクスの肩パーツと交換、腰に脚部アーマー、脚部側面に腕ソードアーマーを接続。鋭角的なデザインが入った事でブラガの騎士的イメージが重装騎兵のランス使いになった感じ?。お手軽にシルエットが変更できました。

Photo_7  素直に背部に翼パーツを接続、脚部アーマーは逆さにすれば腕アーマーにも使えますね。腕部ソードアーマーも逆さにして腰に付ければスタビライザー的シルエットも作れました。組み換えにジャンクパーツミキシングの基本『とにかく逆さ』ですね。

Photo_9 翼を大きく展開させて空中でランスを構えてみたり。肩をエクスのに変えてるので偉丈夫なシルエットに一役買ってます。皆さんそれぞれに思い浮かべる物があると思いますがそこは俺も同じだ!(´∀`;。エクスミリオンの力を譲り受けし聖騎神に転生した『ブラインドガーディアン・エルリック』とかなんとか、言葉にするのに照れてしまう妄想で遊びましょう。聖騎神、復活るっ!!。

しかしやはり空中ポージング用のディスプレイベースが必要ですね。アートホビー彩で予約をするとデュエルメイドにも使える専用ベースがあります。汎用性も高く他商品を飾るのにも都合良さそうです。

Photo_10 Photo_11

そして今回組み換えてみて個人的に一番気に入ったのはこの形態だったり(´∀`;。爪先にハードポイントがあればよりハ○ールになったのに!!。がっきー先輩デザインの○トール大好きですっ(`д´)ノ。

Photo_12 Photo_13

翼を脚に付ける場合、基部パーツを減らした方が軽いので自立はし易いかも。この組み換えではエクスの腰アーマーを腕アーマーに、背中のスタビライザー風パーツをアークエネミーの肩と下腕で組んでます。この組み換えだと脚に翼があっても軽々と飛んで肉弾戦しそう。

エクスの翼を6枚集揃えて大天使っぽいのも組んでみたいですね。その際背中に6枚付けれるアダプターパーツ必要になるけど(^ω^;。

Photo_14 同系色だけに他の騎神も今後のシリーズ2騎神も組み換えに重宝しますね。エクス銀+インペリアルナイツで貴方だけの騎神を組み上げてください。出来れば通常シリーズも各キャラ差別化の際、腕や腰にワンパーツ付くと組み換え選択肢も増えますが(汗。

さあ遊びの合言葉は『復活るっ!!』<コラ。

|

2009年4月26日 (日)

シャイニングブレイドパケCG・2

今月末無事に発売されたアトリエ彩の『シャイニングブレイド』(以下SB)。

公式の方でこちらが手掛けた第二弾の箱CGも出たのでこちらでも貼りですー。

Photo 第一弾主役騎であるブラインドガーディアンの宿敵騎、ガンマ・レイが入るシリーズ2ですので、箱も1弾とは対比になるイメージを織り込みました。

赤く染まる夜、巨大な紅い月、破壊された街、天使像、蹂躙された量産騎、獲物の首を持つ不敵なガンマ・レイ・・・と『悪役!!』として似合うシチュで構成です。量産騎はガレキ版みたいなんですけどね(・∀・`;。

店頭でお目にかかるのは6月末予定ですが、第1弾同様こちらもよしなにですm-m。

そして発売されましたしこちらでも軽く主役騎・ブラインドガーディアンのレビュー。まずはノーマルカラーで。

Photo_3 撮影素材として頂いたT2ショットですが、製品版と塗装は変わってないはずです、細かい(´∀`;。ミクロマンサイズで細いゴールドの縁取り 、パールを入れたスカイブルーとホワイトの基本色と関節部のシルバーが上品です。剣の接続パーツはお好きなジョイント穴にどうぞ。

Photo_4 Photo_5

Photo_7 ブラインドガーディアン・イン・アクション。騎士らしいアクションをさせてみました。細身の体躯ですのでやはりSEED系の空中での決めポーズが似合います。アクションフィギュア用ディスプレイ台座も各社から出てますのでそれらを使って飾りたいですね。

Photo_8  ボックスに均等数に配置されてるブラインドガーディアンの別カラー、インペリアルナイト版。グレーメタリック系とゴールド、青味がかったシルバーで並べるとより印象の違いが際立ちますね。捨て去りたい己が過去か敵となった兄弟騎か、物語はありますがオリジナル商材ですからそういう妄想もアリですよな。

Photo_9 そして宿敵ガンマ・レイ、とこれも撮影用で頂いたサンプルを一緒に並べてみたり。こちらも商品版に近いサンプルで、1弾同様細かい塗装&シャープな造形です(´∀`;。ガンマ・レイもただの黒色にならずパールを吹いたりと凝ってそうです。2体並ぶとライバル騎だけに禍々しさがあり格好よいです。両腕の腕アーマーが豪華です。

Photo_10 2弾はもうちょっと先ですけど、1弾を買った人なら隣に並べたくなると思います。早速色々組み換えたり遊んでるのをネットで拝見してますが、違う素体や様々な武装にアーマーが欲しいですね。個人的には下半身丸々交換出来るケンタウルス素体が欲しいな。

色々遊んでみてくださいねー(・∀・)ノシ。

|

2009年4月25日 (土)

Ma.K陸ポン途中

子供の頃は雨の日は遊びにいけないし、格好の模型作りの口実になってました(´・ω・`)。一瓶ずつ買い揃えたプラカラーを入れたコーヒーギフトの箱を横に、ぺたぺた筆塗りをしてましたよ。

俺の雨の日の印象ってそんなんです。で、今日も雨だよ仕事も昨日で入稿したのもあってポカンと空いちゃった時間で、ウェザリング途中のMa.K AFS・Gポーン(通称陸ポン)の汚し作業を進めてみたり。

Photo_6 チッピングに油絵の具使ってるんで乾くまで触れないから以前mixiにて貼ってた途中画像で現状の経過を。waveのルナポーンに旧ニットーAFSMk-1のラジエターパーツを移植して横山宏先生が作った陸ポンに従った基本工作。今ならwaveからもMK-1出てるし、なにより宮沢模型での限定Gポンあるからいいよね。

SF3Dオリジナル名義からAFSを見てますが、陸ポンは宇宙用ルナポーンの派生機とはいえ、その各部のボディバランスは21世紀版AFSって感じで一番好きです。バブルシェルの頭部、一段斜めになったアゴ周りと、新シューズのバランスが、絶妙に元のシンプルベストのAFSに新たに先を魅せたって感じで。

waveのAFSはとにかく作りやすい。スナップフィットでもはめ込んだ後も簡単にパーツをばらせるハメ合わせなのが良いよね。元々のパーツ構成もシンプルだから形にすぐなるんでそのまま合わせ目消しとサフまでならさくっと持ってけるし・・・仕事途中でやると良い現実逃避になっちゃうのが恐ろしい。

Photo Photo_2

基本塗装終了後。全部筆塗り。下地に黒に近いネイビーブルーを塗って、その基本下地に塗りたい色を少しずつ明度を上げたのを塗り重ね3色迷彩に。横山先生の『Ma.Kモデリングブック』のヨ式塗りですが、以前から筆塗りが好きだった俺にはもってこいの塗り方です。ただ仕事途中に塗り始めると良い現実逃避になっちゃうんで恐ろしい・・・。

Photo_3 Photo_4

Photo_5 これがデカール添付後で止まってたチッピング途中画像。油絵の具のバーントアンバーをライターオイルで薄めてエッジに擦ったり塗ったり。後頭部排気ダクトと右手マニュピはこの色の上にサビ色塗ったり銀ブラして仕上げるんでまだ後回し。。汚しは楽しいからこれも仕事途中ですると良い現実t(ry。

Photo_8 そして陸ポンより先に工作が終わってるオリジナルのルナポーンバリエもあるんですが(・ω・`;。

取り合えず仕事場の隅に工作机は確保してあるんで環境はある、環境は。少ーしずつでもいいから進めていこううん(´ω`;。

しかし新商品攻勢は止まらない訳で来月はもうスネークアイだよっ!!。

旧ニットー最後発でオクでのプレ値もパネェフリーゲ&カウツも出るし(’A`)。

玩具は開封して遊び、プラモは組んでこそ消費ですが、積みは積もって牛歩な消費ペースでもいいから遊び作りますよ、やっぱ楽しいものね(・∀・)b。

|

2009年4月23日 (木)

フレンチメイド

素晴らしいなアゾン!!。アキバ店頭での在庫率も向上したんですなー、シフォンドレスの黒や巫女服以外は大体あって驚いたぞ(^ω^;。店頭や公式通販での在庫のタイミングが中々合わなかったんだけど、今回は最初に買うならコレと思ってたフレンチメイドの黒があったんで確保してきた(・∀・)b。

Photo 1/6ドールは以前がっつりハマッた時期もあったんですが、アゾン製の服買うのもえらい久しぶりだ(^ω^;。

Photo_2 つーわけで早速お着替え。適当な小物をチョイスしてそれっぽくー。

ドール服はどうしても材質の厚みとの闘いになるんですが、流石アゾンさん、しっかり1/12に見合う薄い材質を選んで厚みが出ない様にしてますな。神姫にまさにピッタリですけど、店頭展示でリボマス美希も着てたしで、ある程度腰周りはゆとりもたせてそう。ぱんちゅと靴下も付いてましたが、取り合えず色合い的にシス子さん脚のままで。一応メカディティール入れててもプレーンな使い勝手も想定してた靴パーツも、ここで再確認。ほんと良い形状に作ってもらったなぁコナミ様に再度感謝m-m。

Photo_3 いいねっ!!(*´∀`*)。ネット界隈ではあちこちでウチのナスシスさんにもアゾン服着させて頂いたのを拝見してましたが、自分でやってみて納得。素体バリエがあるけど実際の生地を使った服には服でしか表せないデザインもある訳で、メカニック意匠を施した服パーツ以外に、こうした生地の服もヒブソウでは着ててもいい訳だし、またユーザーそれぞれの趣向にもなるし、着せるだけで遊びの妄想の幅が拡がりんぐ。

次はセーラーかな(・∀・`<コラ。

Photo_4 そしてエプロンのみをナス子さんに直着せ、武装胸なのは勤務から帰ってきて『ちょっと待っててくださいねマスター、ささっと夕飯作っちゃいますから。』の、いそいそしたシチュだからっ!!。

ナ、ナス子結婚してくれっ!!<娘ムスメ。

Photo_9   そしてアゾンさんの店頭POPにて、店員さんが描いてくれたシス子さんがえらい可愛く嬉しかったんで名刺渡して説明した上で、撮影の許可を半ば強引に取ってしまいました(^ω^;。でも他にジャマにならない様急いで撮ったせいか若干ボケボケ・・・・描いてくれた店員さんごめんなさいorz。

本来は店内撮影は禁止です。

今回は事情を説明した上で特別に撮影させて頂きました。ここで改めてアゾンさんのご好意に感謝です、ありがとう御座いましたm-m。また服買わせて頂きます。

Photo_6 そして箱絵でお世話になってますコトブキヤさん。アキバ店2階の横に塗装サンプルや原型を展示できるショールームを作ってたんですな。実際に雑誌や箱に使われるサンプル品がこうして常設で見れるのは良いですよ。アーコマももう飾ってたし、こちらも店員さん達にご挨拶をした上で撮影を(ry。

しかしアキバではどこでもモエバイン単品売りは、主役の炎堂タカネが見付らないという不思議!!。ラオックスの様な店頭に積んであるボックス全部開封してある所だと、見事にタカネの場所が抜かれてる事態でちょっと驚いた(^ω^;。

|

2009年4月14日 (火)

シャイニングブレイド・パケCG

Photo_2 発売が近づいたアトリエ彩のオリジナルトレーディングフィギュアシリーズ『シャイニングブレイド』(以下SB)。

そのパッケージCGを担当させて頂きました。ここではノートリミングで掲載です。

オリジナル商材はいかにしてその商品をユーザーに『楽しく遊んでもらえるか』が肝で(スキルの高い玩具者はともかく、発売元からのちょっとした『ユーザーに想像させる背中押し』のイメージ出力は大事だと思います。繭族で出来なかった所ですし・・・。)、それはちょっとした散見するイメージからも馬鹿に出来ないわけで。今回の箱CGでは店頭で初めて見るユーザーが、一番イメージを想起しやすいであろう商品の持つ『騎士型巨大ロボ』のイメージを出力したつもりです(・ω・`。

SB公式ページも立ち上がりましたので、今後のイメージの拡がりに期待です。キャラデザを担当してるのは何気に『もえたん』のPOP氏だったりと驚いたのは俺も同じだ!(^ω^;。

撮影素材で頂いたサンプルはT2でしたけどこれがえらいシャープな造形で指に刺さる刺さる(´∀`;。塗装も丁寧で省略もないとの事でしたので弄くると商品クオリティの高さは分かりますよ。ジョイント軸と穴は全て共通ですからカスタマイズも可能とのこと。単品ブリスター発売の『エクスミリオン』から翼をもってくるのも良いですね。

シリーズ2である第2弾もこちらがパケCGを作ってます。今月末は店頭で見かけたらまぁよしなに宜しくお願いしますm-m。

|

2009年4月12日 (日)

日本科学未来館・T展

T 最後の花見にはもってこいの陽気な中、日本科学未来館で開催されてます『ターミネーター展』に行ってきました(・∀・)ノ。

ぶっちゃけ企画意図されてる現実とのロボットとの比較展示というよりはやはり6月公開の『ターミネーター4』の宣伝企画の体裁が大きく感じますが、それでよしの企画ですうむ(´ω`)。CSのスパドラ!でもサラクロも始まるし、最近こんな昔のSFX展の様な映画企画無かったしやっぱり気分は盛り上がるんだよ!、映画好きとしては!!。

尚、会場スタッフに確認をとった上で撮影、ブログ掲載とさせて頂いてます。基本会場ではフラッシュを炊かない限り撮影は無問題とのことでした。ブログ掲載も動画でなければ(多分場内で流してたメイキング、T4予告等)掲載も問題無しとのこと、太っ腹です。皆撮影しておりましたよ、俺含めて(´∀`;。あ、画像は正直詳細なディティールまで撮れてません(泣)。俺的にはOKですけどあくまで雰囲気としてみてくだされ。

T_2 T_3

エントランスで出迎えてくれたT-800とT-X。ボロクソに言われるT3ですが、まぁそんな苛めないでやってくだしあ。T-Xは格好よいし。ああしかしT-800の足元に転がる骸骨の山、これを最初に1作目で打ち出したキャメロンのセンスはすげーよやっぱり。

T_4T_8  入場してT1~T3までのメイキングパネルにプロップ展示があるんですが、のっけからキャメロン自ら描いたエンドスケルトンのスケッチとかあってテンションMAX!!。エイリアン2までスケッチしてたけど、元々コーマンのニューワールド社のデザイナーだっただけに、自ら明確なビジョンを打ち出せた所が初期キャメロンの美点だったと思う(・ω・`。Photo この辺のスケッチを見たければ絶賛絶版中、当時講談社が出した『ターミネーターアルバム』を入手だ!!(泣)。DVDのアルティメットエディションにも数点確認できたはず・・・と借し出し中で今確認できんけど(;。

ニューワールド在籍中の仕事なら、「宇宙の七人」とか「ギャラクシー・オブ・テラー」があるけど、国内版DVD出てないよ!!。しょうがないのでひっそり『フライングハイ2』劇中登場したキャメロンデザイン「ギャラクシー・オブ・テラー」登場のバックパックを貼っておきます。Vlcsnap39646

T_5 エンドスケルトン操演の図。CGで作れる今でも実物プロップは作られますが、やはりこの当時のSFXは、こうですよね。当時の配給会社オライオンが『メタルガイコツ出るシーンいらなくね?』とか言い出してたのが決定されてたらタンクローリー爆破炎上でほんとタミネがやられた事になりこの作品の歴史は変わってたと思うよマジで・・・(-ωー`;。

T_6 T_7

こんな感じでメイキングパネルとして解説と当時のスナップが展示、タミネ好きとこの手のジャンル映画好きなら燃えるはず。1作目は今観るとメイクも正直あまり良い出来に見えないかもしれないけど、作品全体的にそれで良しと出来るのもトータルイメージがちゃんと完成してるからこそか。でも頑張ってるよなうん。それにこの当時はこれらのSFXシーンが数点観れただけでOKの時代でした、マニア的には。

でもT1ってそんな監督の観たい魅せたいビジュアルのみで構成されてるように見えて、実際は必要最低限な逆算から作られてる低予算を逆手に取った物語構成の巧みさがあったからこその名作なんだよね。

T_10 T_11

T_9 T2以降に作られたT-800、T3でのT-X、T3での活躍が嬉しかったT-1の実物大プロップも展示。これはT4登場のやつですね。頭とかさり気に実写TFっぽいデザインラインが見え隠れしてるような。場内で流れてたT4予告も映像はかなり実写TFにインスパイアされたようなのが多かったし(^ω^;。まぁそれにしても実物大は燃えるね!!。

T_12 個人的収穫はT4用のイメージイラスト展示。実写写真を複数合成レタッチして作成される昨今ですが、この手のイメージイラストが大好きな俺。明確なビジュアルを複数の素材を使って統合、レタッチで提示してるその結果はある意味デジラマでもある訳で、こちらが独学でやってきた事と方法論に手法で大きな違いは無いってのもガン観で確認出来たんでよかったよ!!。

T_13 T_14

大きなパネルでよく見ると解像度がまちまちな素材を使ってるのがモロバレなんですよね。でも最終的には一枚として明確なビジョンを提示できてる訳で、存在は成し得てるのも良いし、またざくっと描かれたレタッチ部分と実写素材との掛け合わせが良い感じ出してるのがカッコイイ。

T_15 T_16 T_17 T_18

色調の統一感がいいんだよね(・ω・`;。それだけイメージのブレが無く決まってるって事で、俺が箱絵で腐心してるのも実はこんなイメージだったりします、全く見えないかもしれんけど。

T_19 そして別ゾーンとして区切られてたT4ブース。暗幕の中では現状劇場で流れてきた数種トレーラーを上映してました。人間の細胞を集める機械達、そして作られた人間の自意識を持つターミネーターって現在放映中のギャラクティカのサイロンみたいです(´∀`;。しかし予告映像、今までの作品では未来世界は全て暗闇の廃墟を舞台としてただけに、ピーカンの現実的風景で動くターミネーターやハンターキラー達がえらく新鮮で今っぽいなっ!!。

T_20 今回の主役タミネ、T-600。玩具のネタバレだとT-800を繋ぐシリーズとしてT-700も登場するみたいですが、このT-600、逆算のデザインでオリジンのエンスケから絶妙にダサくしつつも魅せるポイントも抑えてるのが良いです。質感もザラザラの鋳造で、ツルツル工業製品なT-800の完成度の高さが逆に良く分かるのがいいよ!!。結構マッシブでデカイ(´∀`;、劇中での作劇でどう描写されるか大変楽しみです。

T_21 そして予告でもぎゅんぎゅん道路走ってたバイク型ハンターキラー!!・・・と思ったらシートが背骨で太ももに腕も確認できてってこれはターミネーター!?∑(゜д゜;。へ、変身サイボーグなデザイン・・・玩具好きには燃える変態ちっくさです。でもプレイメイツの玩具はあまり再現されてないぞ!?。

個人的には1作目のハンターキラーヘリやタンクのプロップ見たかったな・・・でもがっつり映画関連の展示会って訳でもないので求めるのは酷か(-ωー;。とりあえず、東京に用事があった際に¥1200払って観る価値は少なくとも自分にはありました、取れるモノも多くて満足。T4観る気で居ます方々は、ここでT1からの歴史をざっとプロップで遡ってみるのも良いと思います。つかパンフレットとか無かったのが残念だよ!!(`д´)ノ。

T_22 T展の入場券はそのまま未来館常設展示も観れますんで、結構お徳です。ASIMOくん出演の時間帯にあってれば動いてるの生で見れるよっ!!(俺が行った時は丁度出演が終わってたけどねorz)。

|

2009年4月10日 (金)

仕事明けてー

箱絵から連荘の2つの仕事が昨晩で上がりー(’A`)。次の仕事もあるけれど取り合えず少々落ち着けますー。

だもんで今日は犬の狂犬病注射行ってきたり、部屋掃除したり、久々に地元のザらス→ヤマダ電機→万代書店コンボをかましてきたり。

狂犬病の予防注射は市役所で近所の公民館等に巡回してきてるんだけど、久々にその場所行ったらガキの頃見知ってた道はあれど周囲の建物が・・・変わり過ぎてて場所ここで良かったか不安だったよ。

Photo_15帰りは犬の散歩ルートでもある交通公園でぐるっと犬の散歩。
桜名所百選の地元土手も満開ですが、ここも良い感じに咲き誇ってました。
で、自転車移動に丁度よい陽気なんでオタアイテム確保巡回へ。途中にある飲食店チェーン経営のスパゲティ屋が昨年末で閉店してたり。・・・これも時勢かねぇと思いながらも丁度次の仕事で使うんで探してた素材が鎮座してたんで、取り壊されず残ってる事に感謝しつつ携帯カメラで撮影。
Photo_16
Photo_17
フリー素材だと欲しいアングルが無かったりもするしね(・ω・`;。安い天使系の小物オブジェだと子供の天使ばかりなんで、こういった女神像らしい像の素材をどう探そうかと思ってた所だったのでこれも引き合わせか。合成画像は持ってる手持ちの素材の有無が、仕事作業のレスポンスに大きく影響するんで、今まで撮り貯めた素材は全部有効活用。

オタアイテムでめぼしい物は結局中古DVDで「ジェヴォーダンの獣」と「死霊のえじき・完全版」位でしたけどね!!。

家に帰ってきて仕事で汚れた部屋の掃除して、落ち着いた所で作業中に届いたピロっちからのダンボールを開封・・・えらい珍しい物や今のご時世大事な物があり感謝、でまずはこれ。
Photo_18
USJお土産で買えるターミネーターのエンドスケルトン頭部ケース!!。ビスケット入れらしいけど、中々どうしてお土産物にしておくには割りと良い形状にメッキ質感で欲しかったんですよね。パネルラインと立体の入り込みにハァハァ(*´ω`*)。あ、日本科学未来館でやってるターミネーター展いかないとな!!。

そしてタミネ骨の中に入ってたのはピロっちが「二月の丘」で販売してる『露天サンダーぷち』11個。アイマスぷちと同数入れてくれたのね(´∀`;。早速お手軽に青と薄緑のバスタオルのをチョイスしてさくっと組んでヘッドオン!!。

Photo_19 丁度巨乳版と貧乳版と揃ってますのであつらえた様にピッタリでシチュエーション演出が出来ますな(^ω^;。
「千早さん、そんなに胸元気にしても仕方ないと美希思うの」
「・・・くっ」

他にもバリエーションは揃ってますんで亜美や律っちゃんまこりん、貴音さん分も組みますわ、ピロっちありがとう(m-m)。


さてハセガワ様から発売されたファルケも作業中確保してたんですけど、仮組み位はしたい。来月にはwaveのスネークアイも発売だし、その前にMa.kプロファイルも発売だよ!!。でもサイン会は流石に行くのは出来そうもないなぁ・・・(・ω・`;。
http://www.aoyamabc.co.jp/10/10_200904/mak12009418.html

|

2009年4月 5日 (日)

「朝のナパームは格別だ」

Photo_2 サーフボード+神姫に趣味的なネタを織り込んで浮かんだのがこれ、『将校型MMS・キルゴア』とか。アメリカ陸軍中佐だとLieutenant Colonel(ルーテナント・カーネル)となるみたいですが、長ったらしいんでまぁ有体で将校でいいや。背景が元ネタロケ地より健康的だけど(・ω・`。

元ネタの映画は今観ても凄いよね。(Z映画版公開時の富野監督の仮想敵でもあったね特別完全版、インタビューではやたら出てた)映像で圧倒する力を持つからこそ『映画』たりえると思う。物語はぶっちゃけ当時のパンフレットのあらすじ読んだ方が解り易いんですけどな!!。

大音響のワルキューレの騎行を流しながらのヘリボーンシーンは、イーストウッドの『戦略大作戦』の音楽ながしつつドイツ兵を蹂躙するシャーマン戦車部隊の名シーン同様不謹慎ながらも、だからこそ鳥肌が立ってしまう映画的カタルシスが体現されたシーンかと。

|

ガンプラからムゲンバインに

以前日記でも話題にした近所のケロプラの子の続報。

ケロプラからガンプラにレベルアップしてた彼ですが、最近はガンプラは休止?、食玩のムゲンバインシリーズにご執心の模様。ガンプラは万代書店やザらスまで行かないと買えないけど、食玩バインはスーパーやコンビニで買えるからその手軽さもあるかと思う。で、自分のお小遣いと親との買い物ついでに買ってもらったりと一日一個ずつで現在発売中のムゲンアシュラを揃えたらしい。俺も昔はそうだったな・・・とごめんね、大人買いしちゃうずるい大人でごめんね(´д`;。

で、ムゲンバインの彼の持ってないアイテムってことで俺の持ってたムゲンファラオとムゲンアーサーを羨望の眼差しで見てくるので、シール貼ってなかったムゲンアーサーを箱、取説、シールを渡して『格好よくシール貼ってくれ!!』と貸したら・・・・今日しっかりシール貼ってきました。

Photo

しかも合体済みで渡したのをちゃんと取説を参考に各マシンに分離させた上でしっかり貼ってるんで、『合体させられる?』と聞いたら俺の目の前で各マシン5体を瞬く間に全部バラして、見事にムゲンアーサーにバイン完了!!・・・マジっすか(゜д゜;。全部パーツ単位にバラした上に、アーサーは各部分を構成する際それぞれのバインパーツをミキシングするから、どのパーツがココとアソコと解ってなきゃ出来んわけで。取説見ないでちゃんと組み立てできて、もう家で何度も分離合体させたよーと言っててもスゲーよ子供の頭マジ記憶力スゲー!!∑(゜д゜;。

そんな彼に敬意を表してムゲンアーサーはそのままあげました。
ミキシングのフリー組み換えの方はどうなんかなぁ、俺もムゲンバインはデフォで組んじゃって満足しちゃってたから、ああいうの見ちゃうとふつふつとブロックスで鍛えたチェンジマイズ魂に火が付きそう。

ムゲンファラオもあげるか・・・しかし俺もコレは気に入ってるしなぁ・・・とヤフオク覗いたら未開封1セット7kとかマジっすか・・・(’A`)。食玩は売り場での一期一重と思って買わないとあかん事を再確認。

|

2009年4月 1日 (水)

ナス子さん後輩は3rd素体で

Photo 4月1日なんだし、ちゃんと設定書描きして『ナス子さん後輩発売!3rd素体で!!』とかこんなネタ描いてるならやるべきなんでしょうけど、時間無し(・ω・`;、結局通常営業ノリでナース型の後輩って事で思いついた内に描いてみました。

ポモの3rd素体にナス子さん装備付けたら腰のハンガーは二つのピンのうちネジ穴なので若干安定性に欠けるけど、さほど問題無く取り付けられました。で、遊んでる内にナス子さんの後輩欲しいな!!って事になったわけで(´ω`;。

後輩はナーススーツの色をピンクにしようとか思ってカラースライダー弄くってたけど、ピンクは地味に思えて黄色系にしてみて、髪の毛を濃い色の方が本体薄い分メリハリ付くだろうからと緑になったら・・・(゜ω゜;。

名前は『サニーフェザー(仮)』って事でひとつ。羽ブレード位は専用で描き起こしたい。

それと今月の電ホ。楽器型とライト4弾情報が出ましたねー。CHOCOさんの楽器型は色がシックなのがちょっと意外でしたが豪華だー(^ω^;。そしてライト4弾はDOGMASKさん!。たにめそさん、俺と同じ最近での新規参戦パパンですな。箸型とスプーン型は某ミクロで慣らした彼の1/1感覚が如何無く注入されてそうで個人的に楽しみです、こひる可愛いよこひる(*´ω`*)。

彼のコミック、ミクロマン2005・1話のマグネフォース達のキャラ線画はこっそり俺がほとんど描いてたりしてます(´∀`;。だもんで「ミクロマンパーフェクトワークス」にも協力でこちらのPNが載ってたりする訳でと、ミクロ小話。

こひるとメリエンダの食器武装はちゃんと材質的に食するのに使っていいのかとかそういう所も気になりつつ11弾同様ライト4弾も楽しみっす(´∀`)。

Photo_2 当時はシャンニー難民が出たマガジンゼロワン・ミッションフォースですが、ジンが武装とデザインのキャラ立ち的に大好きだった俺でした!!・・・と当時勢いで作ったデジラマもほっくりだして貼っておきます。

そういえばタカラホビー.comのミクロマンアンケートでジンシャン再販希望の項目あったけど、やってくれるんかなぁ(・ω・`。

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »