« フレンチメイド | トップページ | シャイニングブレイドパケCG・2 »

2009年4月25日 (土)

Ma.K陸ポン途中

子供の頃は雨の日は遊びにいけないし、格好の模型作りの口実になってました(´・ω・`)。一瓶ずつ買い揃えたプラカラーを入れたコーヒーギフトの箱を横に、ぺたぺた筆塗りをしてましたよ。

俺の雨の日の印象ってそんなんです。で、今日も雨だよ仕事も昨日で入稿したのもあってポカンと空いちゃった時間で、ウェザリング途中のMa.K AFS・Gポーン(通称陸ポン)の汚し作業を進めてみたり。

Photo_6 チッピングに油絵の具使ってるんで乾くまで触れないから以前mixiにて貼ってた途中画像で現状の経過を。waveのルナポーンに旧ニットーAFSMk-1のラジエターパーツを移植して横山宏先生が作った陸ポンに従った基本工作。今ならwaveからもMK-1出てるし、なにより宮沢模型での限定Gポンあるからいいよね。

SF3Dオリジナル名義からAFSを見てますが、陸ポンは宇宙用ルナポーンの派生機とはいえ、その各部のボディバランスは21世紀版AFSって感じで一番好きです。バブルシェルの頭部、一段斜めになったアゴ周りと、新シューズのバランスが、絶妙に元のシンプルベストのAFSに新たに先を魅せたって感じで。

waveのAFSはとにかく作りやすい。スナップフィットでもはめ込んだ後も簡単にパーツをばらせるハメ合わせなのが良いよね。元々のパーツ構成もシンプルだから形にすぐなるんでそのまま合わせ目消しとサフまでならさくっと持ってけるし・・・仕事途中でやると良い現実逃避になっちゃうのが恐ろしい。

Photo Photo_2

基本塗装終了後。全部筆塗り。下地に黒に近いネイビーブルーを塗って、その基本下地に塗りたい色を少しずつ明度を上げたのを塗り重ね3色迷彩に。横山先生の『Ma.Kモデリングブック』のヨ式塗りですが、以前から筆塗りが好きだった俺にはもってこいの塗り方です。ただ仕事途中に塗り始めると良い現実逃避になっちゃうんで恐ろしい・・・。

Photo_3 Photo_4

Photo_5 これがデカール添付後で止まってたチッピング途中画像。油絵の具のバーントアンバーをライターオイルで薄めてエッジに擦ったり塗ったり。後頭部排気ダクトと右手マニュピはこの色の上にサビ色塗ったり銀ブラして仕上げるんでまだ後回し。。汚しは楽しいからこれも仕事途中ですると良い現実t(ry。

Photo_8 そして陸ポンより先に工作が終わってるオリジナルのルナポーンバリエもあるんですが(・ω・`;。

取り合えず仕事場の隅に工作机は確保してあるんで環境はある、環境は。少ーしずつでもいいから進めていこううん(´ω`;。

しかし新商品攻勢は止まらない訳で来月はもうスネークアイだよっ!!。

旧ニットー最後発でオクでのプレ値もパネェフリーゲ&カウツも出るし(’A`)。

玩具は開封して遊び、プラモは組んでこそ消費ですが、積みは積もって牛歩な消費ペースでもいいから遊び作りますよ、やっぱ楽しいものね(・∀・)b。

|

« フレンチメイド | トップページ | シャイニングブレイドパケCG・2 »

玩具・模型」カテゴリの記事