« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月26日 (水)

HJ10月号付録・ザンライザー

HJ10月号は40周年特別付録、ザンライザー改造キット付き。買ってきましたー(・∀・)b。

Photo パッケージが森下直親先生なのが噴いた(´∀`;。気合入り杉だろうHJも森下先生も(w。箱絵は在り難く飾っておりますよええ。

Photo_2 早速組んで手持ちのダブルオーにドッキング!!。(まだオーライザー組んでなかった;)オーライザーに付けるパーツなれど単体でもちゃんとダブルオーと合体できる配慮が良いですね。誌面での他ガンダムへの合体参考作例も面白く、プレイバリューの高さに驚きましたよー。

Photo_5 オーライザーへ付けないこの形態は「ザンユニット」。単体でのまとまりも良く、巨大なGNバスターソードⅢを懸架したデザインが格好よいです。モールドもシャープなだけにちゃんと塗装すればそれだけ応えてくれる見映えになるのが想像出来るディティールです。

Photo_6 しかしやはり機首が欲しい、オーライザー無しでもっと単体の戦闘機 っぽくなれないか?、って事でこちらは電ホ10周年記念2月号特別付録だったGNセファー。1月号付録のラジエルとの連動した付録キットですが、こちらも単体でも満足出来るSF戦闘機然としたラインが格好よいキットです。

Photo_7 思い付きでGNセファーのGNポッド(コクピット部分)をザンライザーに合わせたらオーライザーとの接続部分とのサイズがピッタリ。適当に3mm穴を空けて中にあるピンの逃げ道を作ってやったら・・・。

Photo_8 ザンユニット+GNポッドでザンユニットの簡易運用形態っぽくも、単体でのSF戦闘機っぽいイメージが叶いました。OOPとOOの時代設定等はこの際置いといてくだしあ(´∀`;。つかこの形態だとGNドライブが無いかっ!?。

サブアームがあるので展開してGNビームピストルⅡを持たせてみたり。戦闘機からモビルアーマーな趣きになってきます。ライフル系とシールド持たせるのもどこぞのナイトファイター風になりそうで俺に良さそうです。

Photo_9 そしてザンユニットとGNセファーの完全合体。パーツ位置は各部入れ替えてますけど、基本この二つで無改造で出来ました。(GNポッドはこの形態ではザンユニット基部の後部に差し込んでるだけです)デザイナーもどちらも海老川氏の手に寄る物ですし、作品の時系列差はあれど親和性は高く違和感もそう無いかと。思い付きだったけどなんとか出来たのもバンダイホビー部の設計ならではか!?。40周年のHJ、10周年の電ホと雑誌間を越えた遊びって事でどちらもおめでとうっ!!(・∀・)b。

ザンユニットはもう1個買って来ますわこれはいいですよー(^ω^;。

Photo_10 しかしこういう付録キット、弄くってると各パーツに他の姿が思い浮かんだりしませんか?。サブアームのハンドパーツの溝がコトブキヤMSGパーツのサムライソードにあしらえたようにピッタリ。

Photo_11 更にバスターソード取り付け基部の溝もこのサムライソードがピッタリはまるので、サブアームハンドを使うとソード用の懸架パーツが出来上がり。ハンドパーツの基部にシンチュウ線を打っておけば抜刀時の可動も出来そうです。これを基本にもうちょい詰めてパーツ切った貼ったすればまとまりそう?。

Photo_12 ソード懸架パーツイメージ一例。腰固定でも背中装備でアームを介して可動あっても面白そう。パーツ弄くってて閃いた時って楽しすぎてやばいです(-ωー`;。

|

2009年8月21日 (金)

断罪兵器のラフ

Photo_2  絶賛発売中の『武装神姫マガジン』ですが、こちらの描いたイラストコラムでの断罪兵器のラフです。・・・ほんと相変わらずの大ラフ(´ω`;。掲載後立体化にチャレンジしてる人も幾人か在り難くいらっしゃるので、裏シス子さんが肩に乗せてた「ソウソード」の柄周りのデザインが見えるので、参考になれば、とうpります。柄根元は丸々回転ノコなので、鍔迫り合いが本番だ!<えー?。

ギロチンソードは基本形は同じだけど、イラストでの作画時に十字架っぽい雰囲気を持ち込んだ形状にしました。

Photo_3 ついでにボツラフを。裏用武装を配置してかしずくシス子さんだったんですけど、装備姿の分かり易さから掲載イラストに。個人的にはこの構図も気に入ってたり。

|

2009年8月 3日 (月)

花は踊る

ちびすけマシーンさんの『東京G-O』にてWF2009夏ブース内で開催された『神姫アイドル☆オーディション』のレポートページが更新されましたー。

改めて参加された皆様と大会を仕切ったちびすけさんにスタッフ、特別審査員のCHOCOさん、間垣さんお疲れ様でしたm-m。

会場で審査をさせて頂いた側として改めて参加された神姫ユーザーの方々の熱意と創作に圧倒されます(´∀`;。実際審査ではあれもこれも気になると目移りしまくりでしたが、個人的に一番感じたトータルなキャラの立ち具合とそれを表現する工作とのバランスから『かるけさん』の『パラピコス&フルミネイト』コンビを選ばせて頂きました。背部フラワーユニットにユージン・ゾイドカプセルブロックスの植物型用パーツを使ったのがジャンクパーツ使いとしての琴線に触れたってのもあるかも。フルミネイトに使ってるジャンクパーツも上手なパーツセレクトと思いました。

11 それにしてもパラピコスの影に隠れてるこの玩具・・・旧ミクロマン『ユニーカー軍団・カメラー』だなんて俺の世代には懐かしすぐるキャラがさりげなすぐる(つд`)。

しかし一般投票でもグランプリも獲得したのは驚きましたわ(^ω^;。改めてかるけさん、グランプリ&2冠おめでとう御座いますっ!!。

Photo 3rdロリ素体のモールド線を上手に使った黒の白フリル付き水着に目立つ帽子とビーチサンダルが可愛かったのでパラピコスを描いてみたり。ディティールが少し違うのはご愛嬌ってことで<こら。

フラワーロックの初版って鉢が陶器で作られてるから、店頭に品出しする傍から箱振ると輸送で割れたのがカチャカチャ音してたのもあったんだよねー・・・と商品売ってた俺でしたよ(・∀・;。

|

2009年8月 2日 (日)

モスピーダ・コンプリートアートワークス表紙

今年1月の発売から長らく延期になっていた新紀元社発行の「機甲創世記モスピーダ・コンプリートアートワークス」の発売が8月に決定、では荒牧先生の表紙カバーも出ましたよっ!!。

51jtrxygsil_sl500_aa240__2  絵自体はグレートメカニックでもちょびっと紹介されてましたが、今回このレイアウトに見た瞬間吹きました(´∀`;。モスピーダ本編を観ながら模型店でイマイのモスピプラモを買い漁った当時のファンの琴線をクリティカルし過ぎ(笑)。比較に当時のパッケ画像を。

Vlcsnap399999 Vlcsnap400137
 モスピの箱絵は当時の鈴木社長のイラスト込みでいいなぁ、レイアウトもロゴも洒落てるし。

表紙はこのリデザインされたモスピーダのプラモ用箱絵に思えてきますわ(^ω^;。今回のリファインは個人的にCGを経由してる昨今の荒牧先生仕事の影響を色濃く感じます。時代を経て追加再検証されたかの様な各部ディティールに26年の歳月を感じて燃えますよ。どこか模型化してくれんかなっ!!(`д´)ノ。

なにせちゃんとしたモスピオンリーのムックは当時学研が出したのしか無く、アートミックデザインワークスもアートミック図鑑でもモスピ関連の設定画は一部のみだけに今回のムック化は個人的にもたのしみな訳で。

で、実はこの本にイラスト2枚メカ、キャラの各チャプター用扉絵として参加させて頂きました。
Photo Photo_2  

個人的にも楽しみな本な上に、荒牧先生とこの本でご一緒出来るってのが釣られた理由ですよ(´ω`;。アートミックに不躾な手紙を送った中学生時代と学校卒業で持ち込みに行った専門学生時代の俺に教えたいよっ!!。
キャラ絵はスパロボピンナップのノリで、メカ絵では自分の思う『極端なリファイン抜きのレギオス』を描きました。


本買う人は扉絵もニヤニヤと生暖かく見てください。8月8日発売が待ち遠しいよっ!!(`д´)ノ。

・・・8月8日発売を信じていいんかな尼だけに(汗。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »