« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

本日31日コミケのコピー本

Photo カラーの4ページコピーですけど、間に合うかも(・ω・`;。
あと2枚塗って電車にのる道すがらコピーしていけばなんとか。30部あればいいよな・・・。
ネタはアイマスらく描きですー、DS面白いっ(´∀`)。

『東ノ-16bうさぎ用心棒』となります。当日コミケ参加される皆様、楽しみましょー。

|

2009年12月30日 (水)

2009年仕事納めー

Photo 今月入稿の箱絵残り1枚を入稿ー、2009年全て仕事綺麗に終わった・・・。12月に描いた2枚は全て来年の2、3月だけど、今年は最後の2枚で駆け込みあって計6枚。(1月上旬〆だった砲亀は外して計算)2008年より1枚増えた・・・このペースで2010年の箱絵も頑張る(・ω・`。

やはりと言うか結局仕事中だったので、RAMARもヤマザキ軍曹も来たゾイドフェスティバルには行けずじまいでしたが、色々面白かったとネット各所の書き込みを読みました。何気に来年で4年目になるHMMシリーズはデザインのまるかたさんに内部スタッフの皆様にコトブキヤの皆様、軍曹の機体解説と、皆が頑張っております。俺もそんな関係者の苦労を吹き飛ばすつもりで箱絵を描いて支援してますし、そして店頭で手に取ってくれるユーザーの皆様が面白がって買って頂ける要素のひとつになればと思ってます。

ゾイドは旧ファンブックもデジタル処理されたバトストも、どちらもジオラマが玩具であるゾイドのメインビジュアルであるだけに、そんなイメージを今後も箱絵に内包させたいっす。

HMM化になったゾイドも現在発表のあるの含めると21種。来年何作追加されるのか(´∀`;。取り合えず来年早々の冬WFに期待しましょう。アニメ仕様もフィギュア追加が定番となってきただけに、シュバルツさんのフィギュア付き再度バリエ登場も待たれますねー。

それとこちらでの報告は遅れましたが、簡単仕上げ作例としてこちらが組んだホイホイさんが、発売中の電ホ2月号のホイホイさんページにて掲載されましたー。
コンバットさんも来年4月発売決定と早々に決まっただけに個人的にも楽しみです(^^。

さて、取り合えず31日のコミケ用コピー誌出来るなら頑張ってみよ。

|

2009年12月24日 (木)

クリスマス映画はどれにする?

そしてクリスマスの夜はまつわる映画を背後に流して仕事しますけど、候補は取り合えず『3人のゴースト』、『ジングル・オール・ザ・ウェイ』、『ダイ・ ハード』は俺の鉄板。特にジングル~は玩具屋バイトでクリスマス商戦は忙しい記憶も残るし玩具者にも美味しいクリスマス映画ですな。ブースターばっかり売 れ残りだよっ!!(`д´)ノ。

国内DVDが出てるなら久々に『ウォンテッドMr.クリスマス』も観たいんだけどね・・・あれは良いアクションホラークリスマス映画でした。早くDVD出してくれ・・・地上波でもしばらくやっ てくれないなー。『リーサルウェポン』と『未来世紀ブラジル』も実はクリスマスもかかる映画ですな。アニメでガンダムなら『0080ポケットの中の戦争』 も正座で鑑賞がベネです。

自分用のクリスマスプレゼントにやっとDSiを注文しました。これで寝かしてたアイマスDSも出来る(^ω^;。ラブプラスは来年キッズノベル仕事が終 わったら買おう・・・ときメモ4もそのタイミングかな。溜まりに溜まった未購入DVDも『ゾンゲリア』と『白い肌の異常な夜』も一緒に注文。此間『ゾンゲ リア』の脚本家であるダン・オバノンも死去・・・享年65歳で若いよ(’A`)。長らくプレ値付いてた名作だけに脚本で魅せるゾンビ物の巧さを堪能できる よ。

『白い肌の異常な夜』はイーストウッド主演のスリラー物。南北戦争時代の女性ばかりの寄宿舎に紛れ込んだ北軍負傷兵のお話。女の中に男が1人と下は幼女か らティーンエージャー、熟女まで女性皆が男に色めき立つ、選り取りみどりのハーレム話では終わらない怖い話です。イーストウッド作品で今まで未DVDだっ たのが珍しい作品。午後ローでもやった日本語吹替え版収録なのも美味しい。

この2作に共通するのはどちらもキングレコードってこと。キング様は最近70~80年代のマニア向け映画を積極的にリリースしてくれる優しい展開が素晴ら しい(´∀`)。ブルーレイに有名映画がシフトしてる昨今、忘れられたかのようなマニア映画が密かにDVD化ラッシュです。紀伊国屋書店とハピネットも頑 張ってる、つか「サスペリアPART2」がもうプレ値なんですけど!!。10月末に出たばかりなのにっ!!∑(゜д゜;。

|

弱き者の聖夜

Photo_2 クリスマスがやってきます。今回は昨年みたく飾りつけしてる時間も無いのでクリスマス仕様のシス子さんをちょろっと描いてみたり。赤は聖職者でも最上位の色だそうです、聖(セント)・シス子さんと呼んでくれっメリークリスマスッ!!(`・ω・´)ノ。

|

2009年12月20日 (日)

KOTOBUKIYA ZOIDS FESTIVAL 2009開催中

現在コトブキヤアキバ店にて『KOTOBUKIYA ZOIDS FESTIVAL 2009』が開催中ー。
そしてゆあつべの小プロチャンネルにてこんな宣伝動画も出来てた(^ω^;。
http://www.youtube.com/shopro#p/c/9F9812274D5AF678/13/YsjWBJtuxvU

うはぁWild Flowerの曲に載り俺の描いた箱絵計4枚(セイバータイガー、赤狛、コング、バンブレ)が使われてる(´∀`;。昔ジェネレイションズ連載中にZガンダム上映館にて電ホCMが流れた事あったけど、その時も連載開始号(確か05年6月号の表紙でミドリも掲載された)がでかく映りびびったのもあったけど、それと同じ感動が。
RAMARさんのベストアルバムコトブキヤ購入特典として、こちらのバンブレ箱絵がポストカードに使われています。俺もCD買ってもらおうかな(・ω・`、行けるか仕事次第だけど。

会場展示の様子は『ゾイキノ』さん(コレルさん経由ですがクリホ注射器ネタの時はありがとう御座いました!)の日記12/19分が詳しいです。2階のショールームの店前を占められるアイテム数、良く続いてるなぁと関わってる皆がそう思いそうなディスプレイだ(・ω・`。
まるかたさんのHMM用画稿を掲載した特別小冊子も¥3000以上HMM商品を買うともらえるのも個人的に欲しい(´∀`;。ファイルは頂いてても冊子は別腹だよね。
もうHMMだけで一冊本作れそうだけどね!、設定デザイン、機体解説、作例含めて。

此間あがったレッドホーン箱絵も早速サンプルと一緒に展示されております。箱はバンブレクラスなので実物はかなり大きくなると思いますが、イベントに足を運ぶ皆様はレッホの後ろの絵も見てみてくだされ。

|

2009年12月18日 (金)

OGクルセイド発売中

既に店頭では発売されてますね、TCG『OGクルセイド』

Photo_8 Photo_9 今回エクセレンとラトゥーニの『メタルパラレル』と言う箔押し加工されたカード用イラストを描かせて頂きました。
絵はもう公式やカードショップ各店舗のブログ等でも見れますね。いつもの様に望まれた(自分も望む)仕事をさせて頂いてるんですが、やはりこのカードを友達同士はともかくカードショップや大会等で使うのは躊躇されるのだろうか・・・(゜ω゜;。と、とにかく皆様お買い上げありがとうございます!、ありがとうございます!!。

カードでATXチームを組んでたりするのをネットで見ると、自分でもOGクロニクルプレイしてみたくなりますね。サンプルで頂いたフルセットもあるしカード持って近所のカードショップ(休日は子供の自転車が沢山店前にあふれます)乗り込むか!?、いやらしい大人っ!!・・・・ルール覚えられそうもない俺は昔『モンスターメーカー』ももっぱらプレイでは無くカード絵収集専門でしたし、他のTCGも同じに今回もだな。メカ絵師陣が森下先生、木下先生、射尾先生、Koma先生、F.M.U先生など、ガンダム箱絵にGWやレンストでも活躍する名だたる絵師ばかりなのでメカイラストが見るのえらい楽しいよ!!(`д´)ノ。

見過ぎると他人の芝生がまた青々と見えてくるので注意ですが、がんばろうがんばろう。

|

2009年12月16日 (水)

12月中旬までの近況

Photo 年末進行、今月ある箱絵仕事2枚のうち1枚が完成。ブレードやジェノザみたいな大箱サイズだと最低3週間はかかってたのに実質半月で完成、なんとかなるもんです・・・と赤に限らず青もだけど彩度の高い色のメカは難しい(´д`;。取り合えず来月末の電ホにちょこっと載せてくれるかなぁ。

HMMアイアンコングのサンプルも届いてます。実商品の大きさはえらいインパクトありますねこれ(^^;。店頭で積まれてると迫力ありそうだ・・・。ゾイドと言えば無印アニメでの主題歌を歌ったRAMARのベストアルバム発売記念のイベントがアキバのコトブキヤ本店で行われるそうで。今までの箱絵展示もされるとの事だしヤマザキ軍曹のトークイベントもあったりと、覗いてみたいけどそれは残り1枚の仕事の進み具合だろうなぁ。

今やってる仕事は珍しく全部年内〆なので、久々に年始は休めそうです。今の楽しみはDSi買って正月はアイマスDSとラブプラスとときメモ4をプレイする事・・・。再発されまくった洋画DVDも全く買ってないよ!!、名作『ゾンゲリア』も発売したっちゅーのに!!(`д´)ノ。

今回の乙女組、BLADE先生の『武装神姫Light!』はナス子さんことトラブルメーカー、リリカ・ブライトフェザーの副腕無双で楽しませて頂きました。こちらのナスシスもBLADE先生タッチの可愛さで描き綴って頂き感謝人(´д`)。

そしてコミケ通知も先月着てたり。12月31日、3日目の「東ノ-16b」です。
しかし同人は無理ぽ、3年新刊出せず既刊ばかり持ち込むのもしのびない・・・。カラーコピー本だけでもせめて・・・(’A`)。
Photo_2

|

2009年12月 4日 (金)

12月発売の箱絵2種

10月のガンスナイパーから毎月ペースで新作発売中のコトブキヤ・ゾイドHMMシリーズ。この年末12月も2種新商品が発売されます、アイアンコングブレードライガーAB・バン仕様。

先月末に発売した電ホ今月号のゾイドコーナーにもこちらの年末新商品2種の箱絵が載りましたのでこちらでも軽く紹介。

Photo アイアンコングは12月3日からの発売で、もう店頭に並んでたり通販の発送メールも着てる人いるみたいですね。コトブキヤの箱と言えば巨大なダイゼンガーがありましたが、そこまではいってないにせよ、HMMシリーズでは一番巨大な箱になったようです(´∀`;。描いてるこっちも原寸だとPCが悲鳴上げる大きさでした・・・。握られてるコマ犬も悲鳴あげたかもしれませんが(・ω・`;。意図してないのですけど、どうも共和国側が帝国ゾイドの単機での力を表現する為に生贄になってる気もしてきました・・・共和国ガンガレッ!!(`д´)ノ。

Photo_3 そして12月19日(尼表記)には出るらしいブレードライガーAB(アタックブースター)・バン仕様。新世紀ゾイドでの最初の新ゾイド(フレーム流用とは言え)でもあったブレライはあの旧トミー版のジオラマパッケージが色濃く印象に残ってる俺でした(当時池袋ビックでブレライの箱ばかり持ってレジ待ちする親子の行列も見てるだけに)。

リスペクトの意味もあり同じ記号を配置させてもらってます。トミー版も空に飛行機雲があるのですが、内容的にやはり「あの」ストームソーダ2機と想像したり。アニメのゾイドキャラもシュバ虎、アーコマに続いて3回目、腹筋バンも描いたしここまできたら描けるだけアニメゾイドキャラを箱に描きたいです。

年末年始のお供に、店頭ネットで見かけましたら箱絵ともども宜しくお願いします。コングは俺もちょろっと一部組ませて頂きましたけど、差込のみで支えあうパーツ構造が上手く出来てて接着無しでもかなり耐久力ある作りになってるのに驚きましたよ(^^;。

|

2009年12月 2日 (水)

発掘改造品

前に使った素材の探し物で物置としてるHDDから画像が見付かったので貼ってみます(・ω・`。
Photo アムドライバー放映時、モトバイザーに懐かしいモスピーダ臭を感じ取った俺は商品購入後いきなりこんなリペ改造を施したり。バイザーシリーズの最初のビークル方向ですが、アムジャケットがモスピーダにおけるライディングスーツと考えれば、バイザーを着込んだブリガンディ・モードはまさにライドアーマー然として見えてきて・・・。イマイの旧キットからパーツを流用して、ジョイント増設と足の爪先追加とリペイントでこの形にはなりました。

Photo_2 そして専用のアムドライバーを用意。頭も旧キットがそのまま使えて好都合。ブリガンディ・モードはジョイント共通のお陰でパーツ移動させただけでこの形になれたのも好都合でした。手持ちの銃はモスピのレーザハウンドをイメージしてジャンクから作りました。あくまでアムドラ世界でモトバイザーのバリエを使う他のアムドライバーのつもりで作ってるのは、双方へのリスペクト。

モトバイザーの前輪フレームが強度の為にPOMで作られてて色乗らず苦労したのが思い出されます(-ωー`;。結局樹脂染めしちゃったけど結果おkでした。

Photo_3 そして時代を超えたライディング。MMS素体は着込む事は無理でも載せる事は無問題。可愛い造形で気に入った音羽さんでしたが何か載せれる物が無いかと探したらこれが好都合でした、色合いも違和感無いし(^ω^;。

 

Exsuit01 ついでにこれも見付かったので。昔参加してた某玩具研究サークルの平成ミクロマン用にジャンクパーツを使いデッチあげた外骨格スーツ。レッドパワーズのバックパックジョイントを基部に、拡張するアタッチメントシステムとして考えてます。画像から見て何のパーツを使ったか想像するのも一興かと(´∀`;。他にもう一機やはりジャンクパーツで作ったミクロバイクがあるんですが、これも画像が見付かればその内に貼ってみます。

ついでにアムドラ小ネタ。アムドライバーのストーリー構成&脚本は並木さとし氏とクレジットされてますが、かつてモスピーダでの脚本も書いていたのも氏だったりします(当時は並木敏名義)。各キャラの言い回しが特徴的なのがアムドラの魅力のひとつでしたが、モスピーダも時代差はあれやはりキャラの言い回しが特徴的。これも魅力を感じた理由のひとつか(^ω^;?。

|

2009年12月 1日 (火)

諸々近況

すっかり寒くなりましたが10月からこころくに出かけられず仕事三昧。年末進行はまだ継続中ですが(中国工場は1月は丸休み・・・)箱絵以外に他企画と毎月恒例の某プラモデジラマやったりする中まとまってキャラ絵関連(スパロボやキッズノベル表紙にアニ検本)があったお陰でSAIにより慣れる事が出来てます。SAIだと個人的に基本塗りの色流し込みがやりづらい印象もあるんで線画ひいてからはフォトショに一回戻りますけど、基本色乗せてから戻ってのSAI作業はえらい楽しいっ(´∀`)。タブレットの恩恵をダイレクトに感じられる軽さと描画性の良さが実感になり描く楽しさを促進してくれてます。

Photo_2 そんな中、今月12月末のあまとりあ社用のカラー口絵も描いてたり。キャラ絵も仕事でもっと描きたいけど箱絵の描画スピードさえ上がれば・・・と想いつつ、描くゾイドによって1~2週間の増減があるだけに中々(’A`)。本やネットから上手い人見ちゃうと他人の芝生が青く見えて仕方なくなる時もままありますが、こういう時こそ『他人の芝生より自分の芝生』の精神で。

で、ここ2ヶ月での事。まず怪我をした犬ですが抜糸にカテーテルを外した後も順調に回復してすっかり元気になりました。噛まれたお尻の傷跡もすっかり肉が出来て埋り、処置で剃った毛も生えてきて傷はみえません(^^)。お尻の傷が治らない時は尻尾が垂れ下がったままで痛々しいのもあったんですけど、まぁ今はまるっと尻上に弧を描いております。
心配してくれた方々、ありがとう御座いましたm-m。

これはアドビのフォトショチュートリアルサイト『DEKIMAGA』内11月号記事の特集、『機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法』がデジラマに興味ある方にはお勧めです。(音量注意)
流石に詳しい描画テクニックは載ってませんけどそのレイアウトに撮影風景等、見て損無しです。メアド登録が必要ですが、フォトショでの小ネタも結構参考にもなります。
それにしてもこの横長アングルとレイアウトはやられましたー(’A`)、カッコヨス。

俺がフォトショの使い方を覚えたのは、仕事の着色をフォトショでしたいってのもあったのですが、実は玩具やプラモを使った合成画像が一番役立ったと言う(´∀`;。あとはこの本が良かったりします旧アスキーの『デジラマ合成テクニック』。テクニック全体なら各種フォトショのハウツー本もありますが、これは具体的に「デジラマ」に特化してるだけに、作りたいビジョンの参考に一番なると思います。安いですし持ってて損ないかなと。

ZAODの展示会も行けなかったし先月のトレフェスも行けなかったりした中、洋画DVD買う事で発散してたりも。色々好きなのばかり買ってますが、その中で『チップス先生さようなら(69年版)』は曲が大好きだったので印象に強い映画でしたけど、久々に再見したら当時好きになれなかった緩やかな展開が良く、曲の相乗効果もあり見方が随分変わりました。歳もあるなきっと・・・(´・ω・`)。学生と言う数年で変わる子達に先生という変わらない存在として関わるチップス先生の半生のドラマを、ピーター・オトゥールのイギリス紳士然とした演技が上手に描き出されてたのがより良く観れました。ワーナーにしては珍しく(古い映画にはあまりTV吹替えを収録してくれない)TV吹替え収録だったのも良かった・・・これだものな、俺が初めて観た声だもの。

うわっ俺の映画好みってやっぱりもうオヤジセレクトの映画になってる気が今更してきた(汗。劇場で『2012』もエメリッヒ好きとしては早く行かなきゃと想いつつ、昨今のデザスター主体よりもやはりSFメカ好きであった部分が一番好きだった監督だけに、次回作の『ミクロの決死圏』リメイクが一番楽しみなんだよ!!(`д´)ノ。ミクロ~は面白いよーえらい古い映画かもしれんけど、ミクロ化という(笑)で流されるネタをリアルに見せるのも演出次第なんよ、って事をメカとシステム描写で見せた名作だと思う。そこにエメリッヒのメカ好きビジュアルが入るって思うだけで濡れなくね?、燃えなくね?。

あと観たかったんだけどもう終わってるな・・・『さまよう刃』はCS登場を待つか(’A`)。
邦画繋がりで、デアゴスの『隔週東宝特撮映画』も全部じゃないけど買ってます。
『さよならジュピター』と『ガンヘッド』がラインナップに上がってないのが哀しいですけど、『海底軍艦』良かったですよ、来週の『日本沈没』も楽しみっす。

えらい長文になって読みづらそうだな・・・と思いつつ、寝る前の勢いに任せた息抜き更新に勘弁してください(・ω・`;。皆様風邪とインフルにお気をつけて!!。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »