« 『ゾンビ』DVDに幻のTV吹替遂に収録ッ!! | トップページ | 天使にラブソングを »

2010年1月10日 (日)

映画・ヤマト復活篇鑑賞。

地元では1/1まで朝8時台と午後2時台で終了という客層を見誤ったかの様な時間帯だったのですが、1/2以降は2回目上映が夜7時となり、大変ありがたい(´∀`)。で、やっとこさ観れた訳っす。

http://yamato2009.jp/index.html

ネットや色んな方から『今までどおりのヤマト』と聞いてましたけど、正にそれ(w。今まで通りの、『色んな意味での潔さ』を信条とする実にヤマト らしい仕上がりですんなり楽しめました。今の時代らしいと思えたのはデジタル環境に現代ならではの映像位。スタンスは驚くほど変わらず、これはこれで凄い な(^ω^;。冒頭の羽佐間道夫ナレから何かしらヤマトに覚えがある客なら掴まれるでしょ、ただ地球のシーンで例えでいきなりライオンが吠え出した時は何 事か?、と思ったけど、ラストの地球滅亡を前に落ち着くサバンナの動物達の姿が入るんで、まぁいいか(^^;。古代は経験を積んで実績も能力もある現場を 支える代表として描かれながらも、やはり多少は悩む中、真田さんや佐渡先生、敵艦長達『先の世代』は悩まず自分の進退をばっさりあっさり潔く決めます。そ ういう作劇がほんと今までの作品同様ストレートに行われ、それがこの作品を観てる限りは気恥ずかしさを全く感じないと言う(´∀`;。これってやっぱり結 構凄いことじゃね?。ある意味もう普遍性を持った存在であるのを再確認した位。

メカビビジュアルを統括デザインするのは副監督も努める小林誠先生。実に『らしい』ビジュアルに彩られつつも、ちゃんと『今の時代で描くヤマトメ カ』に昇華されてるのも、スタッフであり一ファンであったまこりん先生の拘りに、統括する西崎Pのブレないビジョンのお陰なのかもしれません。湖川友謙氏 のキャラデザは良い意味での硬質感がさながらCGモデリングされたキャラに見えてくるのがさりげに驚いたり。まぁ何時もの艦隊服に着替えたら体のラインは バリバリ湖川氏体型でしたけど(^ω^;。それにしてもこんなにアニキャラでアオリアングルがいっぱい出るアニメ久々に観たなーって刷り込まれてるオヤジ 世代には、ちょっと嬉しいアングルばかりでそこも妙に楽しくなったりもします。作画陣XEBEC側がはばら氏に石原氏もいたりするのも驚き。何より驚いた のは宇田川一彦氏が作監やってるんだよっ!?∑(゜д゜;。ヤマト皆勤?。

面白かったのが、『こんなこともあろうかと』の真田さんトラップが、ヤマトに載り込んでおらずともしっかり隠されてた事。それが最終決戦で目覚めた作劇が、あたかも『ヤマト』自身の意思に思えたりしたのも穿った見方でしょうか。でもえらい格好よかったよ!!。

意外と鑑賞前はイマイチに思えてた女性陣も画面で観る限り充分『ヤマト』キャラの萌え要員として存在を果たしておりました。新オペの真帆さんは改 めてセクハラスーツ着せられてるなぁとか男性陣が全て真帆と名前呼びでとか、今の時代そこもちょっと新鮮。古代の娘である美雪もミニスカ生足でOKッ!! (´∀`)。

さぁハイパーウェポンの新刊がこれで心置きなく買えるな(w。うちでは1/15までだけど、少しでもヤマトに良い覚えのある人達には観てほしい作品ではありました。コスモパルサーの立体は無いのかね!?。

|

« 『ゾンビ』DVDに幻のTV吹替遂に収録ッ!! | トップページ | 天使にラブソングを »

映画関連」カテゴリの記事