« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

こひるさんも開封ー。

Photo_3Photo_6
こひるさんも開封、和装デザインの落とし込みはミクロマンでも趣味性爆発させ慣らした彼ならでは。
履物がちゃんと白足袋してる様にも見える上に兎の和菓子なデザインでもあるヒザ叩きポイント(`・ω・´)b。
箸をニ分割したのを太ももアーマーの付き方がシルエットを強調して格好ヨス。

Photo_5
箸置きと和菓子楊枝の武装。『箸』から連想される1/1な身の回り周辺のディティールがいいよね。高級割烹で御もてなししてくれそう、京都でも奈良でも和の訪問したくなります。

Photo_4
箸置きを背中に装着した際、着物の帯に当たるバランスになってちゃんと和服の意匠が出現。背中反らせた時のラインが和服エロス(*´ω`*)。
箸置きの側面に神姫穴もあるので、箸武装をここにも装着出来て遊んでて感動したっ(゜д゜。

頭の飾りはいやらしい位の艶々を与えてもっと美味しくしたいね。後でグロスメディウム塗ってみよう(´∀`。

Photo_8

『食』のこだわりを持つ氏ならではの武装神姫ライト4弾。神姫ユーザーにも玩具者にもお勧めです(・ω・)b。ああメリさん朝のシリアルをそのスプーンで食させてくだしあ。

|

こひメリさん到着ッ!!

宅配のおじちゃんに叩き起こされてDOGMASKさんデザインの武装神姫、こひるさん&メリエンダさん到着ー!!。

仕事しながらの開封になるけど、まずはメリエンダさんからの開封、弄くって感動したポイントの一枚から撮影(・ω・`。
Photo
スカート裾の勝利ッ!!。
DOGMASKさん発売本当におめでとう&お疲れ様ッ!(`・ω・´)b。

遊んだ写真色々撮りたいけど、まずはゾイドの脇にメリさん置きつつ仕事作業にいそしみます。名前的にこひるさんを弄くるのは夕方前にしよ。

記事追加:メリさんのスプーン武装、グリップパーツを付ける神姫ジョイント付け位置がシンメトリになってる。これで二つ手持ち装備する際にちゃんと左右から見て鏡会わせの対になれるって事。片方だけスプーンの凹みを見せる事もないし。

感動したっ(゜д゜。

Photo_2

画像追加ー。さり気ない部分ですが腰に武装装着の際、基部ピン軸をスプーン武装の横穴に奥まで差し込むとヒンジ基部に軸が当たって開く角度がしっかり保持されます。

丁度格好よい斜め位置に開いてこれも感動したっ(・ω・`。

|

2010年2月22日 (月)

お疲れ様とありがとう

武装神姫公式にて毎週連載されていた『ヒブソウ シンキ』 の連載が終了しました。
からしいち先生計75本、本当にお疲れ様でしたm-m。

各デザイナーパパンが描いた神姫たちがひとつ屋根のユーザー元(ヒブソウは店舗だけど´∀`)で繰り広げたドタバタは、玩具ありきで始まる神姫の大事なソフトのひとつであった訳で、皆が神姫を手にしてニヨニヨする遊びの一端を楽しく(マニアックなネタを差し込んで)描いてくれました。

自分デザインのライト2弾勢、ナスシス=イリスさんとテラさんの活躍も非常に嬉しかった訳です。テラさんのプロレスの神ってのは俺の想定外だったキャラ付けな上に、梶原一騎先生の『プロレススーパースター列伝』が大好きな俺には嬉しいカール・ゴッチネタは見透かされたかの様な錯覚すら覚えた位です(w。
また神姫マンガを描いて頂きたいですね、でも今はおやすみマッハバロンッ(`д´)ノ。

そして2月12日発売した乙女組最新号。BLADE先生の『武装神姫Light!』は前回に続きナス子さん=リリカが仕掛けるとらぶる話で、俺に良し(笑)。シス子さん=マリリアの塗装剥離は心の中で「Yes!!」と叫んだ俺だしっ!!。剥離した塗膜が質量をもった残像にならんかなー。そしてリリカのヨゴレっぷりが俺には愛しい訳です。元々ソフト的扱いではそういうとらぶるめーかーになるのも想定してたのを、汲んでくれたかの様なBLADE先生のキャラ立ちの可愛さが相まって描き出されるナス子さんマジカワイイ(´∀`)。もらうゲンコで蔵建つ位まで稼げるか、体を張って頑張って欲しいです(`・ω・´)。

どなたかBLADE先生!バージョンのナスシス作ってくれんかなぁと、他力本願。

|

2010年2月14日 (日)

朝霧

寝る前に犬の散歩に外出たらえらい風景だったんで急いでデジカメ撮影。
Photo
地元の見慣れた土手風景も変わる変わる(・ω・`;。

Photo_2
この霧の向こうに川あるんだけど見えません。
数枚撮ったけどデジラマの背景素材にそのまま使えそうだ。

Dscn0036
うっすらと夜中に降り積もった雪の反射で比較的明るく感じるんだけど、濃霧で土手の先は見えない風景にちょっと感動。
それでも土手下の芝生でこんな濃霧中でゲートボールに興じるおじいさん達が居るのがちと面白かった。

それではおやすみなさい(´・ω・`)ノシ。

|

2010年2月11日 (木)

映画『モンスター』

2003年の映画、CSザ・シネマにて放映したのを鑑賞。途中鑑賞だったけど、妙に緊張感ある画面と演出に、シャーリーズ・セロンの眉毛剃り気迫演技にクリスティーナ・リッチのだらしない乳に引っ張られ仕事しながらの背後鑑賞出来なくなって最後まで正座鑑賞(^ω^;。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319349

やばい、良すぎる映画(’A`)、ぐいぐい引っ張られる内容のハードさとアメリカにおける社会倫理の裏側による問題が殺人犯となった実在の人物をモデルにした女性を中心に描き出した評論は、下記リンク先が的確に伝えてるのでそれを参照に。

http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/1011.html

そういう部分を含めても凄い映画と思ったのが、映像と音楽と役者と作劇の見事な魅せ方。
女性監督パティ・ジェンキンスはこれがデヴュー作だったみたいだけど、それ故なのか想いいれもある題材だったのか、センス溢れ過ぎだ。

映画は限定された時間内に情感を画面の中でどう見せるかも醍醐味のひとつと思うのですが、そういう意味ではこの映画は見事過ぎ。毎夜道に立ち客を取り 殺人を重ねてく中でも、純粋に情けをかけて正しい意味での「施し」を彼女にしようとする人が出たりする中、逃走する為に殺した客の1人が警察官だった事 で、連続殺人鬼としての報道と捜査も始まり、転げ落ちていく作劇が役者の力に演出と音楽が見事にそれぞれを引き立たせ、えらい画面に緊張感と焦燥感を出 し、主人公たちの行く末を案じさせる作りは一言で言うと

『カッコイイ!!』

って言えちゃうんだよね(・ω・`;、そういう言葉で飾る映画じゃないと思うんだけど、非常にスタイリッシュな映像演出で、センス的にはマイケル・マンと言えば解り易いのかなぁ。
ラスト捕まり獄中で恋人と電話で愛の言葉を交わしながら裁判シーンに繋がり判決後、刑執行部屋に連れて行かれるかの様な廊下で、振り返る主人公のカットがあまりに印象強過ぎ。
そこまで紡がれる音楽、独白の演出と相まって流れ込むエンドテロップまでの流れが素晴しく格好良いんだよ。重い内容だけど最後のその流れが奇妙な爽快感も出して、そこが作品全体を救ってる感もあるし。

重い映画ですしお勧めも控えますが、興味ある方は是非とも。
主人公に理解を示すベトナム帰還兵のおじいさんがジャンル映画好きには『サイレントランニング(TV邦題・SF巨大宇宙ステーション)』のブルース・ダーンでこれも二重の驚きだよ!!。すっかりおじいさんになった姿が彼の帰還兵と言う役柄にリアリティを与えておりました(・ω・`;。

|

2010年2月 8日 (月)

HMMレッドホーン箱絵

サイクスの正式お披露目もされた昨日のWFコトブキヤブース、ゾイドトークショーにお越しになられた皆様ありがとう御座いましたm-m。RAMARのCDも買いショー終了後にちゃっかりポストカード裏にRAMARメンバーのサインを頂いてるマーシーっす。

mixiやブログで書いてる事言えばいいんだと思いながらも、実際自分の口からああいう場で喋るのは居酒屋トークとは違うだけに緊張もありました(’A`)。とにかく、HMM商品に内包される商品の『一部』として買ってくれる皆様が楽しくキットを組める様な箱絵を描いていきますね、頑張ります(`д´)ノ。

Photo
そしてWF当日にコトブキヤサイトも更新、HMMレッドホーン箱絵出ました。昨年末のイベントでも張られてたので見てた方もいると思いますが『動く要塞』と異名を取り、突撃という言葉も似合うレッドホーンだけに、箱絵ではそんな動きが見えるイメージで。
モルガ以来の市街戦で、上空に照明弾が灯る夜間戦闘。瓦礫の廃墟を更に崩すレッホに突撃され倒れるシールド・・・等頂いたレッホのテストショットで遊びながら思い描いたイメージを出力しました。実際の箱はバンブレにジェノと同じ大サイズなので、迫力も店頭で感じられる絵になってれば幸いです。
HMMレッホは首の可動方法に君は涙するだろう(・ω・`。

それでは年末になにやら大ネタも仕込まれ中のHMMゾイドシリーズ、今後ともごひいきに!!。

|

2010年2月 6日 (土)

ワンブロ狛犬箱絵完成

Photo_2
作り貯めた素材があるんでイメージさえあれば背景は楽。
HMMではまだ雨シーンはやってないんですよね、コングでやればよかった(・ω・`;。

Photo_3
そしてレイアウトも完成。10って通しナンバー打ったらしみじみ10種描いたんかって思ったりも。最初のシーパンが06年夏だものね、ゴメスっちお疲れ様です。

Photo_4
展示用に軽く仕上げたサンプルとねんぷちサイズ比較。
机に飾っておいた雪ぴょんとの組み合わせが妙に気に入ったり(´∀`;。
貴音さんも雪ぴょんの動物克服を応援しております。
あ、律っちゃんも一緒に写すべきだったorz。

さぁもう明日がWFですよ、買い子の方はもうディーラーチェックOK?,売り子の方は抜きも梱包もOK?。

|

ワンブロックス・コマンドウルフ

Photo
本体終わったんで少し寝よ(´ω`;。雑に線を引いて着色する際、線を潰すようにエッジハイライトを線画の上に乗せて立体感出す作業が楽しいっす。

|

2010年2月 2日 (火)

WFガレージキット神姫関連

WFに向けて一週間斬りました、全てのイベント準備中のディーラ-様お疲れ様ですm-m。

昨年夏のWFにて、シス子さんの改造パーツを出してくれた哲人さんの新作がfgに上がっております。(これらの画像はfg掲載のを哲人さんから許可頂き転載しておりますー)
Photo
今回は軽装のショートアーマーバージョンだそうです。
胸部もさりげに新造パーツです(´∀`;、ひんぬーらしい。頭部のヘッドドレスも格好よいですね。
Photo_2
こちらは軽白子さんの改造パーツです。アシンメトリなボディバランスが改造装備らしくこちらも格好よいです(^^。
Photo_3
こちらは夏に販売された最初のシス子さん用改造パーツ。こっちも再販するのかな?。

哲人さんの卓は『B16-10』とのことです、チェキ(・∀・)b。

そして昨年夏のちびすけマシーンさん卓で開催された『神姫アイドルオーディション』にて2連覇を成した、かるけさんもWF初参加で卓を取ったとのことです(´∀`)。
かるけさんの卓は『C27-03』、こちらもチェキ(・∀・)b、かるけさんは入賞作のフラワーロック型の改造パーツを売ると面白いと思うの。

コミケもですけど、ガレージキットも作って参加するのは面白いんですよね。特にガレキだと型も抜きも業者に頼まない限り自分でやる事になりますけど、そういう部分含めてパッケージングするまでの工程全てに手作りの楽しみがあると思います。昔、旧タカラで出してた『電脳警察サイバーコップ』の改造パーツ(頭部、胸部のデコレートパーツ)を出した事ありましたが、あれも楽しかったなぁ2種だしてどちらも会場では五個しか売れない『五個の商売』でしたけど(´∀`;。いつかまたガレキ作る事で参加したい物です。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »