« 第一回HMMゾイド公開会議無事成功です。 | トップページ | 武装神姫アルトレーネ発売中! »

2010年5月28日 (金)

天神英貴WORKS the ART of HIDETAKA TENJIN

新宿マルイアネックス7Fにある『模型ファクトリー』のイベントスペースで、現在
ボックスアート・イラストレーター天神英貴先生の『天神英貴WORKS the ART of HIDETAKA TENJIN』が5月31日まで開催中ですっ(・ω・´。

とにもかくにも、プラモデルを購入してそのボックストップを飾った天神先生の箱絵に心を射抜かれた覚えがある皆は行った方がいいとマジで。
今回AMWの『天神英貴WORKS』の出版記念でもある個展だし、パナマックス脅威の高彩度印刷本があればいんじゃね?、と思ってる近場の人は行けば解る。

天神先生が実際に使用してるのと同じ液晶モニタで映し出されるイラスト群は、正に先生が仕事で見ている『生の色』でありパソで描く2DCG絵師として『生絵』でもある訳で。

あの画集の色再現度も相当なものでも、やはり『生絵』の色使いは全く違う訳でっ(`д´)ノ。
MGザクのver.2.0の箱絵は画集の色も実際と違い驚いたけど、ノートリミングの生絵はもっと驚いたんだから。

パナマックス印刷の出力されたのが展示されてると思ってたので、液晶モニタを使った展示方法にも射抜かれたし、CG絵が当たり前な昨今での展示方法として、新しい提示でもあるし。
また、スライドショーでめくる絵も各部が先生が編集したピックアップポイントもあり、あの絵この絵の拡大して観たかった部分がくっきり観れてもうガン観状態(^ω^;。

画集も個展も『新しいこと』を提示したかったと言う先生の姿勢を現した連動個展でありました。29日の天神先生とヤマザキ軍曹とのトークショーは、俺は仕事してるから行けないけど、興味ある人は是非開催期間中に訪れて欲しい。

ある意味先生の仕事場と同じモニタ環境で映し出される生絵は、そのまま本来伝えたかった『色』が確実に、明確にそこにある訳で。
その迫力は2DCG絵も出力する人間の手を介在する以上、ツールの差でしかないと前々から思ってた俺の部分の、計らずとも体現してくれてる展示会でもありました。

取り合えず、今やってる俺の次の箱絵もクライマックス中なんで、良い刺激を受けましたわ。
他人の芝生よりも自分の芝生と、よく俺が言ってる言葉は自己防御の言葉でもあるんだけど、自分の中で現状出来る武器とスペックの再確認の意味でもあります。前向きになる為の言葉でもあるんだけどね(・ω・`。

じょじょに新装備に新能力も実装したいけど、まずは今持ってる武器を最大限に活かす事が大事。
足元固めて然るべき過程が然るべき結果も導き出します。

ひらたく言えば『俺、頑張るっす!!(`д´)ノ』、とそれでいいだろ俺。
そして天神先生、あざーっす!!。

つーわけで頑張る。
HMMミラージュも予約開始です。
売りのひとつとしてされちゃうと気恥ずかしさもあるけれど、サイクスの箱絵もよろしくですけど、ミラージュもよろしくですっ。
共和国しばらくやられてばっかりだったしねぇ(つд`。

|

« 第一回HMMゾイド公開会議無事成功です。 | トップページ | 武装神姫アルトレーネ発売中! »

玩具・模型」カテゴリの記事