« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月13日 (月)

HMMダークホーン箱絵出ましたー。

先々週にコトブログにてHMMライガーゼロの箱絵が公開されたばかりでしたが、前後逆転してましたけど、HMMダークホーンの箱絵も公開されました!

Photo_2
大きい画像はコトブログのサムネをクリック、毎度更新ありがとうコトブキヤッ!!(つд⊂)。

キャラホビでのコトブキヤブースイベントにてお越しの方は先に見てる事と思います。
ゼネバス帝国の代表的ゾイドの一体であるレッドホーンを接収、改造したのが暗黒軍(ガイロス帝国)のダークホーン。
なにかと共和国ゾイドを蹂躙してきた帝国製ゾイドでしたが、ここではそのゼネバスの黄昏を描く事でガイロスの台頭を表したいとレッドホーンにやられ役をして頂きました。

暗黒軍の襲来、連れ去られるゼネバスゾイドにゼネバス兵。抵抗する残党兵達を追撃捕らえるのは彼らの愛機でもあるレッドホーンを黒く塗り変え強化改造を施された『ダークホーン』。

禍々しい黒に塗り変える軍団に蹂躙される赤の帝国、そんなイメージで。

時系列的にダクホの登場は共和国を迎え撃ったブラッディゲート戦がはじめてですが、でも残党兵狩りに見せしめで試験運用兼ねてダクホ使ってた可能性もあるよねーとエンジニアY氏達と話してこのアイデアも無事通りましたせふせふ(^ω^;。

暗黒軍登場のバトスト資料を凝視してて、暗黒軍兵士が真っ赤な兵隊だったのに戦慄を覚えたのは内緒だ!!。

ダークホーンは派手なポーズじゃない分、重量感を感じられる様腐心して描きました。、そして敵交代した戦場の雰囲気を描こうと織り込んだ各部ディティールを楽しんで、キットを作るイメージ補足になるのでしたら幸いです。

サンプル組んだ模型店ブログの写真見ると、いい感じな成型色ですよ。蛍光グリーン部分は見えなかったけど、黒と銀の雰囲気は本家っぽかったので楽しみ(^ω^。

|

2010年9月 4日 (土)

そして『ゾイド・コンセプトアート』

51qvpsmrt0l_ss500_
ツイッターでも昨日つぶやいたのですけど、ゼロ箱絵が終わって網子から到着してた『ゾイドコンセプトアート』本を早速開封した次第で。

ネタバレ避けつつも絵が興味を惹かせる本ですから、まずはギズモードの記事をば。

正直かなり好き嫌いが強く現れる本だとも思う(・ω・`。
洋画のアートワークス系本が大好きな俺には無問題でしたけど!。
もちろん最初は旧ゾイドの玩具方面での開発画稿とかそっちのコンセプトアート本と思ってましたけど!!。

でも初期ゾイドからヒストリーオブゾイドでトミー自ら世界観の刷新をした時の様に、今回『タカラトミー』自ら主導編集で出したってところに大きな意義があるこの本。

玩具でもなく、立体企画でもなく、『ゾイド』というビジュアル面で妄想を刺激されるのが好きなゾイドファンには、なにかしら琴線に触れてくるビジュンが提示されてると思います。
ちょっとお高い本ですが、洋書のムック買うのと思えば全然お手頃。

お勧めです(`・ω・´)b、独特なゾイドデザインは好き嫌い別れるでしょうけど、こういうゾイド観もおおいにアリと思う俺。個人的にプレシオサウルス型とプテラノドン型がマメンチサウルス型の野性ゾイドがデザインかっこいいです、描いてみたい!!。

とにかく興味ある方は是非に。
あ、このデザインの延長線にあるZ-ナイト見たくなってきたな(´∀`;。

|

HMMライガーゼロ箱絵早出しですー。

キャラホビではゼロ本体までが作業終わってて、キャラホビ終了後から作業してて、つい先日入稿したばかりなんですがもうコトブキヤさんのコトブログにて公開されて驚きました(^ω^;。

9da0783c
1話のチームタイガースとのバトルシーンです。タイプゼロでスラゼロ仕様ですし、それならやはりストライクレーザークロー使った1話のシーンだろうと。
最初はホバーカーゴからカタパルト射出されるシーンでラフ作成したのですが、これは他のゼロでも使えますしね。

この箱絵見てユーザーさんがチームにゃんにゃんの黄タイガー塗ってくれればいいなぁーと思って描いてたら、早速コトブログでこちらの箱絵の立体化企画が持ち上がって吹いた(´∀`;。
スタッフのanyさん頑張って作ってねっ!!(`д´)ノ。

商品のHMMゼロも楽しみです。ソウガ用に個人用として既に注文済みですw。

|

2010年9月 2日 (木)

汝罪を積みし者よ

昨年夏に発売した『武装神姫マガジンVol.1』にて掲載された裏シス子さん。
こちらの描いた1枚の画稿から武装紳士であるek9901さんが立体化してくれました。
途中経過でご覧になった紳士淑女の方々もいらっしゃると思います、めでたく完成してその全貌が『fg』にて再投稿されております(・∀・)。

Photo 画像はfgより転載です。
神姫マガジンにて掲載されて、ekさんがこちらのブログにて挨拶してくれて作ってるとは聞いてましたけど、その製作途中をリアルタイムでmixiにてこっそり観てきた俺としては、ただ、ただ、その裏シス子さんの作り込み具合に圧倒されっぱなしでした。

絵も立体もですが、ひとつの作品が完成するまではその作品への自身の想いを如何に研いでいき出力していくかなんですよね。こちらの画稿から受けたインスピレーションから発展させて独自のキャラ性をも獲得した彼だけの『裏シス子さん』になったと思います。
いいキャラ性も獲得したなぁ、あんなリペ表情まで出てくるとは(^ω^;。

ekさん、完成おめでとうっ!!。俺も欲しいよっ商品化はまだかね!?(`д´)ノ(笑)。

リアル神姫オフは都合が合わず観にいけませんが、ネットでのシス子さんを皆様それぞれ自由にカスタマイズしてくれてありがとうっ(つд⊂。皆様の自由な遊び方から刺激を受け、俺の血肉にもなっておりますよ。

編集【わ】よ、次はナス子さん啓蒙の為に、次の神姫マガジンでは死ナス子さんちゃんと描かせておくれっ!!(`д´)ノ<コラ。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »