映画・テレビ

2010年4月 2日 (金)

天使にラブソングを2

現在放映中ー。
http://www.ntv.co.jp/kinro/

続編は前作の完成度が高いとそれだけでハードルもあがってしまう、ましてや前作の売れた部分もあるだけにそこを踏まえた上での魅力を付随させるのは相当困難(・ω・`。

でも安定してるなぁこの2も。全ては楽曲にかかってるのかもしれないけど。
シス子さんにWF土産のタンバリンとマラカスをあげなきゃな!!。

|

2010年2月11日 (木)

映画『モンスター』

2003年の映画、CSザ・シネマにて放映したのを鑑賞。途中鑑賞だったけど、妙に緊張感ある画面と演出に、シャーリーズ・セロンの眉毛剃り気迫演技にクリスティーナ・リッチのだらしない乳に引っ張られ仕事しながらの背後鑑賞出来なくなって最後まで正座鑑賞(^ω^;。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319349

やばい、良すぎる映画(’A`)、ぐいぐい引っ張られる内容のハードさとアメリカにおける社会倫理の裏側による問題が殺人犯となった実在の人物をモデルにした女性を中心に描き出した評論は、下記リンク先が的確に伝えてるのでそれを参照に。

http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/1011.html

そういう部分を含めても凄い映画と思ったのが、映像と音楽と役者と作劇の見事な魅せ方。
女性監督パティ・ジェンキンスはこれがデヴュー作だったみたいだけど、それ故なのか想いいれもある題材だったのか、センス溢れ過ぎだ。

映画は限定された時間内に情感を画面の中でどう見せるかも醍醐味のひとつと思うのですが、そういう意味ではこの映画は見事過ぎ。毎夜道に立ち客を取り 殺人を重ねてく中でも、純粋に情けをかけて正しい意味での「施し」を彼女にしようとする人が出たりする中、逃走する為に殺した客の1人が警察官だった事 で、連続殺人鬼としての報道と捜査も始まり、転げ落ちていく作劇が役者の力に演出と音楽が見事にそれぞれを引き立たせ、えらい画面に緊張感と焦燥感を出 し、主人公たちの行く末を案じさせる作りは一言で言うと

『カッコイイ!!』

って言えちゃうんだよね(・ω・`;、そういう言葉で飾る映画じゃないと思うんだけど、非常にスタイリッシュな映像演出で、センス的にはマイケル・マンと言えば解り易いのかなぁ。
ラスト捕まり獄中で恋人と電話で愛の言葉を交わしながら裁判シーンに繋がり判決後、刑執行部屋に連れて行かれるかの様な廊下で、振り返る主人公のカットがあまりに印象強過ぎ。
そこまで紡がれる音楽、独白の演出と相まって流れ込むエンドテロップまでの流れが素晴しく格好良いんだよ。重い内容だけど最後のその流れが奇妙な爽快感も出して、そこが作品全体を救ってる感もあるし。

重い映画ですしお勧めも控えますが、興味ある方は是非とも。
主人公に理解を示すベトナム帰還兵のおじいさんがジャンル映画好きには『サイレントランニング(TV邦題・SF巨大宇宙ステーション)』のブルース・ダーンでこれも二重の驚きだよ!!。すっかりおじいさんになった姿が彼の帰還兵と言う役柄にリアリティを与えておりました(・ω・`;。

|

2010年1月22日 (金)

天使にラブソングを

金ローにて放映してたー。

シス子さんを構成するディティール根幹に確実に埋め込まれてる映画です(´∀`;。
製作がディズニーの映画部門であるタッチストーンだけに正統なファミリームービーです。
売れないシンガーが殺人事件目撃してその証人として身を隠す事になったのが修道院だったと言う、こういう全く接点の無い新環境へ放り込まれ、その中で主人公の活動で閉鎖的だった周囲も動き出すこういう話は俺大好き(^ω^;。

昔で言うと、「天国からきたチャンピオン」や「チャンス」の系譜にこの映画も繋がると思います。映画なんだから映画だからこその王道な展開に安心して観れるのも、ウーピーら役者の力に印象に残る楽曲の良さが上質な一本に仕上げてる訳で。
劇中歌でありラストに唄われる『I Will Fallow Him』の盛り上がりはTVで観たって口ずさみたくなるシンクロ度の高さも、それまでの作劇による映画への感情移入があったればこそで!!。

『2』も含めて好きな映画。そしてウーピー物だと俺のフェイバリットはこれとは別で・・・。
この映画知ってる人いる?。
Photo 『ビッグ』の監督ペニー・マーシャルの女流監督らしい優しさに意外にアクション嗜好であった名作『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』。銀行のオンライン操作するオペレーターが、パソコンを通じてスパイから助けを求められスパイ戦に巻き込まれる映画。これもウーピーだからこそ成立する映画であり、また観てるとウーピーの女性らしい可愛さもちゃんと見えてくるのが意外にも良い(失礼な言い方だが^^;)訳で。これも国内DVDは未発売。
80年代映画に優しいキングレコード様たのみます・・・人(´д`;。

|

2009年1月 1日 (木)

あけおめガンダム一挙放送

Photo

あけましておめでとう御座いますm-m。
今年も宜しくお願いします!!。


で、年明け早々TVはアニマックスで固定、ガンダムTV版43話一挙放送はじまったよー(´∀`)。
http://www.animax.co.jp/gundam/index.php


しかし一発目の富野監督の御言葉

『”僕はなんでこんな風になってしまったのか?”を再確認していただければと思います(大意)』

そうですね、こんな風になってしまいましたよええ(-ωー;。


それにしても1話、冒頭のザクからレイアウトに作画イイナぁ。シンプルな線なのにザクの巨大感が良く出てる。

そしてミニスカ姿でお隣に上がる込んでくるフラウはやっぱり性的。

|